売れている教室と売れていない教室をブログから一瞬で見分ける方法

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

私は習い事の講師の方を
クライアントさんに持っていますので、
たくさんの習い事の教室のブログやホームページを見てきました。

おそらく大げさでなく1000を超えるサイトを
見てきている
と思います。

それだけたくさんの教室のブログを見ていれば、

  • そのブログの教室が流行っているのか?
  • だいたいどれくらい売り上げているのか?
  • 自分らしい教室に成っているのか?

これらのことがブログをさっと見ただけで
わかるようになってしまいました。

そこで今回は売れている教室と
売れていない教室をブログから判断する
見分け方についてお話ししてみようと思います。

あなたの教室のブログはどちらの特徴がありますか?

売れている教室のブログの特徴

流行っている教室とそうでない教室を
ブログで見分ける方法を

“流行っている教室のブログによくある特徴”

を上げながらお話ししてみようと思います。

定員一杯キャンセル待ち状態

流行っている教室は生徒さんで溢れているので、
定員一杯でこれ以上生徒さんを入れることが
できない状態になっていることも多い
です。

倉地加奈子
入れたくても入れられないんですね。

ですのでブログを見るといつも

“現在は新規募集は致しておりません”

“キャンセルが出た場合、
問い合わせ頂いた方から優先的にご案内させて頂きます”

といったようなことが書かれていたりしますね。

一方、流行っていない教室は、

8/22 残り1名様

8/23 残り2名様

8/24 残り1名様

といったように生徒さんの残数が書かれていたりします。

結構な数の教室でこのスタイルを見かけるのですが、
これってお客さんが来ていないことを
アピールしているようなもの
だと思うのですが、
誰かがこの書き方を教えているのでしょうかね?

確かに “残りわずか” と書かれると
人は心理的に感情がソワソワすることは確かですが、
それを狙うために “流行っていないこと”
アピールしてしまっては逆効果だと思います。

営業的な観点から言いますと、

倉地加奈子
人は流行っている人から買いたいという欲求があり、流行ってない人からは買いたくないという心理が働きます。

心理的な効果を狙ったつもりが
逆効果を生んでいることもある
ので気をつけて下さいね。

本当に流行っている教室は生徒さんが来すぎで
そんなことを打ち出すことも出来ないですから、
流行っている教室がどんなことをしているかを
観察してみると良いのではないでしょうか?

バタバタしていない

もうね、これは流行っている教室に本当に共通しますよ。

“バタバタしていない”

レッスンのコース、値段などがコロコロ変わらず、
どこか老舗の雰囲気のような貫禄を持っていらっしゃいますね。

一方売れてなさそうな教室は本当に
“バタバタしてる感”が常に感じられます。

先月、コースの内容が変わったと思えば、
今月値段が上がってまた下がって・・。

ひどい場合には先月一回5000円だったレッスンが
今月は同じ内容で3000円になっていたり。

倉地加奈子
先月、5000円でレッスン受けた方はどんな思いをするんだろう?

倉地加奈子
生徒さんの立場で講師がちゃんと物事を考えているんだろうか?

と首をかしげてしまう感じになっていたりします。

閉店セールと開店セールを繰り返すようなやり方は
流行っている教室であればする必要がないので
行いませんし “行えません”。

自分の教室のブログに “バタバタ感”
出ているとしたら要注意です。

客観的に習い事の教室のブログを観察していると
結構そういったブログが多く見受けられます。

読者さん、生徒さんは馬鹿ではないので、
そのバタバタ感を冷静に観察してますよ。

バタバタ感が大きいのは講師の精神の動きが大きい、
精神的に安定していないこと
を暗に
生徒さんに伝えてしまうことにもなりかねます。

過度なアピールが少ない

流行っている教室のブログは
過度なアピールが少ないという特徴もありますね。

“これだけ生徒さんが来てくれました!”

みたいな感じが少ないように思います。

“アピールすることが良くない”
ということを言っているのではなく、
流行っていない教室がアピールをしすぎの傾向が
あること
を言いたいわけです。

倉地加奈子
講師の必死感が伝わってしまいますよ。

生徒さんの心を打つのは講師の必死感ではなく “余裕感” です。

「読者の方にブログから余裕感を
感じてもらえているでしょうか?」

独自の表現の仕方で差別化が図れている

ちょっとこの部分は少し説明がしにくいのですが、
流行っている教室は、

“他の教室と違う感”

がブログに打ち出せているように思います。

独自の世界観や本物感、唯一無二のもの
ブログから感じることができますね。

一方、流行っていない教室のブログは、
他の教室とどこがどう違って何が売りなのか?
イマイチ伝わってきません。

あとですね、多くの講師の方が、
他の教室のブログを真似しすぎて、
みんな同じような雰囲気、デザインのブログになってしまっていて、
その中で一緒になって埋没しているブログがかなり多い
です。

そもそもブログを見たときに、

「お!この教室はどこか他とは違うかも。」

と思ってもらえなければ読者の人の中に
教室への興味は生まれにくいところがあります。

講師の人
みんながやっているから私もやろう。

会社員時代には尊ばれた“右へ習えの精神”
自営業になるとマイナスに働くことも
考えておいたほうがいいかもしれません。

階層社会の日本で生きてきたことで独立後に起こる大問題

2017.08.11

過剰のサービスを売りにしていない

流行っている教室のブログはサービス自体がシンプルですね。

「これでどうだ。受けてみてよ。」

凛としたき然たる清々しいわかりやすさがあります。

一方、売れていないであろう教室は、
サービスが “これでもか!” というほどに
過剰になっていることがよくあります。

パン教室であれば、ランチがついて、
お土産がついて、子供同伴はもちろんオッケーで・・、
それが好きでやっているなら良いのですが、
どう考えても続けていけないような過剰のサービスを提供している。

そういった方のブログをある期間が経った後、
見に行ってみるとやっぱりというか、
そのサービスは終了していた・・。

みたいなことがよく見受けられます。

流行っている教室は過剰なサービスをしなくても
単価が取れてしまうのでそれゆえにサービスが
シンプルになるんだと思います。

また、過剰すぎるサービスは講師自身の首を
絞めることにもなりかねるので、
それをしないでも利益が出ることを
考えたほうが良いのではないでしょうか?

一貫性、整合性がある

売れているであろう教室には一貫性が感じられる。

このことも特徴だと思います。

プロフィールや教室のコンセプトはもちろん、
レッスンの内容も全てにおいて一つの信念から
つながってできている感じが感じ取れます。

ブログ記事の内容も同じで、
一本筋が通ったような
講師の芯のようなものが感じられたりします。

先ほどの項目の“バタバタしていない”とも
通じるところがあるのですが、
講師から一貫性を感じると安心するんですよね。

私は今の立場に立ってからは
生徒としてどこかのパン教室に
習いに行くことはもうないですがそんな私でさえ、

「この講師の方に会ってみたいな。」

と思わせてくれるようなブログを
書いていらっしゃる方もいらっしゃいます。

一貫性は人の心を打ちますね。

また売れている教室のブログは、
整合性が崩れないという特徴もありますね。

生徒さんを募集して満席になったとしたら
満席と書かれていて、そうならなかった場合は
そのことがしっかりとわかるようになっていたり。

嘘がないというか、整合性が崩れないようにしっかりとなっている。

一方、売れていないであろう教室のブログを見ていると
月末30日に残り2名と書かれていたところが、
必ず翌月1日には満席になっていたりする。

倉地加奈子
毎月毎月、月末に満席になることなんてあるんでしょうか?生徒さんは見てますよ。

整合性が崩れた時、生徒さんは講師から
不誠実さを感じることがあります。

不誠実さを感じると生徒さんの自尊心を傷つけてしまいがちです。

そして人は自尊心を傷つけらた時、
怒りや憎悪といったようなマイナスな感情が生まれていく・・。

一貫性、整合性崩れてませんか?気をつけて下さいね。

まとめ

さて、売れている教室と売れていない教室の見分け方、
いかがでしたでしょうか?

売れていない教室のことを少し強めに指摘してしまいましたが、
あえて申し上げてきたのは、

“客観的にブログを見てきたからこそ、
そういった特徴が出てしまっているブログを
書いてしまっている講師の方に気付いてほしい”

“少しでも教室が良くなるきっかけになれば”

と思ったからです。お読み苦しい点があったのならお許しください。

参考にして頂ければ幸いです。

私がクライアントさんにお教えしているのは、
読者さんがあなたのブログから

  • 実力
  • 自信
  • 圧倒的ユニークさ
  • 常識とのギャップ

を感じてくれるようにしていきましょう。

というレクチャーです。

嘘ではなく実際に講師にそれらを身につけてもらって
それがブログから自然と醸し出された時、
生徒さんが集まらない方が難しくなります。

そしてそのことが講師の板についた時、
その教室は女性らしい自立を可能にする
素晴らしいビジネスにすることが可能なわけですね。

最後までお読み頂きまして有難うございました。

切り返しトーク集無料プレゼント中!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中で、生徒さんに言われて答えにくい質問にうまく切り返すトーク集を無料で公開しています。是非この機会にトーク集とトーク力を手に入れてみて下さい。"無料" ですのでお気軽にご登録下さい。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。