営業が自分の商品に自信が持てると可能になること

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

売れる営業は自信満々です。

売れる人で自信がない人はいませんが
自分の商品に自信をもっていると
いろいろなことが可能になるのですが、
逆に持っていないと問題も起こりやすくなります。

そこで今日は営業が自分の商品に自信を持つことの重要性。

自信を持つことで可能になることを考えてみたいと思います。

自信があるという言葉はお客さんの感情を動かす

突然ですがあなたは自分の売っているものに
絶対的な自信を持っていますでしょうか?

習い事の教室をされている先生であれば、自分のレッスン、
何かモノを販売されているのであればその商品に自信がありますか?

モノを売るときに売る側が自信を持てていれば、
何がいいかというと買おうとする側の人の感情を動かせるからです。

そもそも商品というのは(特にサービスの場合)
買ってみないと良いものなのか?悪いものなのか?
がわかりません。

だからものを買う時というのは迷ったりするわけですが、
その迷いを売り手が自信を持って進めた場合、

「あれだけ自信満々に勧めてくるのだから間違いない。」

と感じ迷いがなくなったりします。

一方、売り手に自信がない場合、
買おうとする側の迷いがなかなか消えません。

「本当に買って大丈夫なんだろうか?」

マイナスの感情になったままになってしまい、
この状態ではなかなか成約を取りにくいわけです。

“自信があります”はキラートーク

「私の商品には自信を持ってますから。」

この言葉は非常に優秀な営業のキラートークだと思います。

この言葉は何かを約束しているわけではないのに、
買い手に安心感を与えることができます。でも、

「自分の商品に自信があります。」

これを言える人が少ないんですよね。

自分の商品に自信をつけるための努力は
物凄くされているんですよ、常に。

でも自信が持てない。

だからこのキラートークが口から出てこない。

だったら自信がないものなんか売らずに、
自信があるものからとりあえずは
売った方が良いと思うですけどね。

少し営業マン的な思考でしょうか?

どこに自信があるかが説明できないとその根拠は崩れる

“自分の商品に自信を持つこと”

このことは非常に重要ですが、
ただ根拠のない自信を持っているだけでは、
お客さんにその自信は虚像だと思われてしまい
成約率は上がりません。

“なぜ商品に自信があるのか?”

そのことをしっかりと説明できてこそ
その自信が証明されますし力を持ちます。

「ここだけは負けません。」

と説明できるものを持っておく。

このことも重要です。

自信があれば値段も上げられる

様々な講師の方とお会いしますが、
レッスン料金を上げられない方に共通する特徴はただ一つ。

自分と自分の商品に自信がないため

  です。

逆に高額を取っている講師の方は、
自分の商品に自信を持っていますね。

自信がありすぎて誇りさえ持っている場合もありますし、
自信があるから安売りはしたくない、
安い値段なら売りたくもない。

そういうマインドを持っているからこそ
売れてしまうんですよね、高額でも。

自信がないから値段を下げるのではなく
自信があるから値段を上げる。

そのマインドを持てれば
自分の商品の値段はどんどん上がっていきますよ。

自信があれば余計な約束事が不要になる

営業が自信を持てているともう一ついいこととして、
無理な約束をして契約を取る必要がなくなることです。

自信がない営業マンはその不足を補おうと、
無理難題の約束事を駆使して契約を
取ろうとする傾向がある
ように思います。

値引きやお得感、クレームにつながるような無理な保証。

そういった手法は確かに一時的には
成約率は上がりますが、
そればっかりをしていては、
開店セールと閉店セールを常に繰り返しているのと同じで、
長続きしませんし利益率も上がりません。

売り手に自信があれば、
お客さんから無理難題の約束ごとを投げかけられて、
毅然とした態度をとることができます。

「もし買った後あなたの言ってものと違ったどうしてくれるの?」

こんな質問が来た場合でも、

「私は私の商品に絶対の自信を持っています。
もし少しでも買うことに不安な部分があるなら
購買をお控え下さい。」

こう言った姿勢が逆に買い手にとっては
ますますの安心感を与え、
売り手と買い手双方に気持ちの良いビジネスをすることを可能にします。

自信があればリピート率も上がる

自信があり、その自信の根拠もしっかりと説明でき、
常に一本筋が通っている人は
リピート率も高い傾向にあります。

  • 人は売れてる人から買いたいんですよね。
  • 逆に売れていない人からは買いたくない。

習い事の講師の方の場合も常に自信があると
生徒さんとしては

「次はもっと新しいことを教えてくれるかもしれない。」

期待感が落ちていかないので結果、
リピート率も上がってくる。

売り手の自信とリピート率、
意外なところに相関性があったりするのが
面白いところです。

まとめ

営業が自信を持つ重要性についてお話ししてみました。

  • 自信がないから値段を下げる
  • 自信がないからその他の付加価値をつけないと売れない
  • 自信がないから・・・

自信がないことで起こる問題が多いことも事実ですし、
自信をつけようと常に努力されている方も多くいらっしゃいます。

でもなかなか自信って努力したらつくものでもなく、
マインドセット的なところが大きいおもむきのものだったりします。

そのためにも、

「自分の商品には絶対的な自信を持っています。」

そういったことをお客さんに言ってみる。

その過程で営業としての自信を板に付けていく。

そんなことが重要ではないでしょうか?
参考にしてみて下さい。

こちらの記事にはこの記事とは真逆の
物凄くテクニック的な内容を書いています。

合わせて参考にしてみて下さいね。

身振り手振りが人の心理に及ぼす効力と営業をする時の使い方

2017.08.23

切り返しトーク集無料プレゼント中!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中で、生徒さんに言われて答えにくい質問にうまく切り返すトーク集を無料で公開しています。是非この機会にトーク集とトーク力を手に入れてみて下さい。"無料" ですのでお気軽にご登録下さい。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。