パン職人がパン教室を始めても上手くいかないこれだけの理由

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

クライアントさん
パン職人がパン教室をすれば流行りそう。

倉地加奈子
あー、それ全然違いますから。

のっけからどうしてこんなに偉そうなのか?

自分でもよくわかりませんがパン講師の方が
パン職人のことをどこか “神” のように仰いでいる節を
随所に感じることがあるので、
そのウップンが溜まっているのかもしれません。

こういう否定的な書き出し方のブログは
読んでてイライラするんですけどね。

だったらせっかくなのであなたにもこの上から目線の文章のイライラを
存分に味わってもらっちゃおうと
このままの感じで書いてみようと思います^^。

パン講師のほとんどはパン職人に習えば流行ると思っている

パンのことがわかってないから流行らない?

パン講師の方と多く接する機会がありますが、

多くの方が有名なパン職人に習えば、
ブランド店で働けば自分のパン教室が流行る。

こんなことを思っている方が非常に多いです。

今日は「そうではないですよ。」ということを
これでもかと申し上げていこうと思うのですが、
まず第一に、

あなたのパン教室が流行らないのは、
本当にパンのクオリティが原因なのでしょうか?

多くのパン教室、パン講師の方を見てきたので、
今日はストレートに言いますけどね、

流行っている教室 = 焼けるパンのクオリティ

では決してないということです。

パンのクオリティなんて関係ないと
言っているわけではありませんよ。

中には物凄いクオリティのパンを焼けるパン教室なのに
お世辞にも流行っているとは言えない教室もありますし、

“このクオリティで?”と思ってしまう教室が大流行り!
なんてこともあったりします。

パン屋さんを営むのであればパンのクオリティの要素は
教室運営に比べれば影響は大きいかもしれませんが、
それでもパン屋さんだってただパンのクオリティが高いだけで
流行るほど簡単ではありません。

元パン屋経営者の私が断言します。

パン職人がそのまま教室をすると起こる問題

パン職人を神のように仰いでいらっしゃるパン講師の方に
パン職人の問題点も羅列しておきましょう。

私は旧体質のパン職人世界で構成されたパン屋さんで
働きましたし、その後パン屋さんも経営しました。

その中でパン職人の世界の問題点、
そんなものもたくさん見てきましたので、
その問題点をお話ししてみようと思います。

パンを作るのは得意だけど接客やお客さんのに合わせるのが苦手

パン職人というのはパン作りは得意で、
作ることに情熱はあっても、
接客や食べてくれるお客さんに合わせるのが苦手
という特徴があります。

もちろん中にはそんなことはない職人さんも
いらっしゃると思いますが、
私の見てきた中では少なかったです。

中には、

「我々は職人なんだからパンを焼くことだけが仕事。」

といった具合にパンを焼くこと以外のことは
タッチもしないといった昔気質の職人さんもまだまだいます。

そんな方がもしパン教室を開いたら
うまくいくことの方が難しいことは
火を見るよりも明らかだと思います。

得意分野を生かせば教室が流行るわけではない

パン作りが得意。

大いに結構だと思いますが、
その得意分野を生かしただけでは
パン教室を流行らせることはできません。

パン職人としての成功とパン講師としての成功は
全く違うんですよね。

なぜでしょうか?

それはパン講師の場合、パン作りがいかに得意であっても
接客、営業が苦手という部分があると
“この苦手の部分が命取り” になってくるからです。

パン教室は接客業です。

パン職人であれば頑固一徹、
パンを焼く技術という得意分野を生かし、
苦手分野の接客や営業の部分は無視して突き進む。

こんな感じでも職人の世界では結果が出せるかもしれません。

しかしパン講師の世界では、
接客・営業が苦手ということは致命的です。

ですのでパン講師の場合、
接客・営業が苦手の人であれば、
“その弱点を克服する必要” が出てきます。

職人にありがちな苦手分野は目をつぶり
職人的な得意分野を活かすだけでは
うまくいかないのがパン職人とパン講師の違いだと思います。

生徒さんとの求めているものとずれてしまう

パン教室に通う方が求める焼きたいパンのクオリティで
一番多いニーズはどこにあるかご存知でしょうか?

初心者でも焼けるパンです。

どんな習い事のジャンルでも“やったことがない”
“初心者の方のニーズ” 圧倒的に一番多いです。

意外とレベルの高いモノを求めるニーズは少なかったりするんですよね。

主人は英語を話すのですが、

「英語の本や教材は初心者向けのものばかりで
僕の求めるレベルのものが少なくて困る。」

などと嘆いております。

パン教室も同じなんですよね。

いくら講師がパン作りのレベルをアップしても、
そのレベルが生徒さんのニーズとあっているとは限らない。

なまじっか講師のレベルが高くなりすぎると
生徒さんとの温度差が生まれてついてこれなくなる
なんてこともあります。

初心者だった生徒さんを講師自身が
成長させその都度教えるレベルを上げていくなら
もちろん良いですよ。

パン講師は生徒さんのレベルに合わせて、
その間を自由に行き来する柔軟な姿勢が求められます。

ただレベルの高いところに
とどまっているだけではダメだということですね。

パン職人が持ってない部分を求められるのが講師

パン職人がそのまま講師をしても
起こりがちな問題点を羅列してきましたが、
ではパン講師にはどんなことが求められるのでしょうか?

結論から言うとパン職人が一番苦手としている部分が
最重要に求められるポイント
です。

接客、営業、埋める技術

さきほどもお話ししましたが、
パン教室は接客業です。

パン作りの方法を説き、パンを作る過程を楽しんでもらい、
その空間、時間に体験価値を感じてもらうわけですから、
パン屋さんとは違います。

教え方、居心地の良い空間の作り方、
求められるのは接客、営業力です。

パン屋さんで言えばパン職人の仕事ではなく
ホールスタッフに求められるようなスキルが必要になってきます。

さらに前述した生徒さんのレベルに合わせること、
自分と生徒さんとのレベル差を埋めるスキルも重要です。

自分の持っているパン作りのスキルと
持っていない生徒さんの間を埋める、
自由に行き来できる柔軟性が価値を発生させるわけですね。

“作るのは得意、接客は苦手” は克服する必要がある

パン講師の方でもしも自分が、

“パンを作るのは得意、接客は苦手”

という意識があり、それだったら

「自分の得意なパン作りのスキルをもっともっと伸ばそう。」

「パン職人に習いに行こう。」

と思っていらっしゃるなら注意が必要です。

接客、営業、埋める技術がない場合、
いくらパン作りのレベルを上げても
そこに価値を発生させることは難しいからですね。

そのことがわかっていないと
パン職人にパン作りを習ったとしても、
パン職人にはなれるかもしれませんが、
講師としては少し頑張る方向がずれているように思います。

パン職人に習うのはいいけど頭でっかちにならないように

散々パン職人がパン講師をすると問題があることを
お話ししてきましたので、
こんなことを思われるかもしれません。

パン講師
パン講師の私がパン屋さんで働いてはいけないってこと?

倉地加奈子
そうではありません。

私も講師をしながらパン屋さんで働いていました。

パン作りの技術を上げることも重要です。
ただそれだけではダメだということですね。

しかも下手をするとパン職人にパン作りを習ったばかりに、
パン講師としてはマイナスに働くような “頭でっかちの職人気質”
ますますなってしまうようでは逆効果だと思います。

私もパン職人時代、上司のパン職人に言われました。

「パン職人はパン教室の先生とは違うから。
パン職人はそんなに甘くないから。」

 その通りだと思いますが、

逆も言えるんですよね。

「パン職人だからってパン講師ができるほど甘くないですよ。」

凄いパンが焼ける程度のスキル
本当の意味で流行る教室運営ができるほど
“パン講師の世界も甘くない”ということです。

まとめ

終始上から目線で書いてきましたので、
読みにくい部分があったかもしれません。
お許し下さい。

“パン講師とパン職人は違うこと”

パン講師の多くの方の頭の中で、

パン職人=凄い人

という図式があることに違和感を覚え、
率直に書いていたらこんなことになってしまいました。

パン講師だからこそ求められるスキルは
パン職人に求められるものとは全く違いますし、
そこをごっちゃにしている方が非常に多いです。

  • 人に気を配れたり
  • その人のレベルまで下がっていけたり
  • 居心地の良い空間を作れたり

パン職人にこれらのことは習えません。

是非こちらのスキルを上げて、
パン職人さえも持っていないパン講師としての
スキルアップを図り、あなたの教室を成功に導いてみて下さいね。

P.S.

接客、営業、埋める技術、
本気で学びたい方の講座が私のメイン講座、

「習い事の講師の大学」

です。よろしければ是非。

切り返しトーク集無料プレゼント中!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中で、生徒さんに言われて答えにくい質問にうまく切り返すトーク集を無料で公開しています。是非この機会にトーク集とトーク力を手に入れてみて下さい。"無料" ですのでお気軽にご登録下さい。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。