美味しいフレンチトーストのレシピと作り方【プロ直伝動画付き♪】

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

今回はお店で出していたフレンチトーストのレシピと
作り方をご紹介したいと思います。

よくあるべちゃっとしたフレンチトーストではなく、
サクッとお菓子に近い、プレゼントしたら
確実に喜ばれるレシピ
なので
ぜひぜひ作ってみて下さいね。

文章を読むのも億劫な方は動画でもチェックしてみて下さい。

フレンチトーストの作り方

まずボールにMサイズの卵を割ります。

割ったらホイッパーでよくかき混ぜます。

よく混ざったら次に牛乳を100g計ります。

次に同じく生クリームを100g計ります。

次にグラニュー糖も100g計量します。

そうしたら次に、卵にグラニュー糖を加えよく混ぜ合わせます。

混ざったら先ほどの牛乳と生クリームを加えさらに混ぜていきます。

よく混ざったところではちみつ5gを投入。

さらにかき混ぜ

混ざったらバニラオイルを適量加えます。

これでパンに浸す液体は完成です。

次にバケットを一本ご用意ください。
今回は近くのパン屋さんで売っているものを使いました。

バゲットを斜めに切っていきますが
なるべく斜めに長く薄めに、
4等分から6等分にスライスしていくのがポイント
です。

次に浸すようの液体をバットに移します。
この時、ビニール手袋をしておくと手が汚れません。

入れたらバゲットを液体に浸します。
少し押し込むような感じでしっかりとパンの中まで
液体が浸るようにします。

しっかりと液体がついたら、
オーブンの天板に並べていきます。

焼いていきます。

余熱をしたオーブン(今回使ったのはガスオーブン)で
210℃12分くらい途中焼き色を見ながら
天板を反転させながら焼いてみて下さい。

オーブンによっても焼き時間は異なりますので、
焼き色で判断してみて下さい。

焼き上がりました。

ケーキクーラーに移動します。

冷めないうちにグラニュー糖を適量振りかけ完成です。

片一方の方に偏ってかけるとおしゃれですよ。

ラスクに近い甘くてサクッとするフレンチトーストです。

パン屋さん風にするとこんな感じに。

ラッピングの仕方はこちらの記事を参照ください。

パン教室で講師が行うと確実に生徒さんに喜ばれること

2017.07.12

このパン(お菓子に近い)は、子供さんにも大人気ですよ。

フレンチトーストほおばる我が息子^^

是非作ってみて下さいね。

レシピ

パンに浸す液体 卵Mサイズ・・・1個
グラニュー糖・・・100g
牛乳・・・100g
生クリーム・・・100g
はちみつ・・・5g
バニラオイル・・・適量
バケット 1本
トッピング用グラニュー糖 適量

※トッピングはグラニュー糖の代わりに、シナモンシュガー、バニラシュガー、
ココアシュガーなど、お好みでフレーバーを変えて楽しんでみて下さいね。

P.S.

有料ですが覚えればすぐにでもパン教室が始めれる動画講座もやっています。
よろしければ是非^^

パン作り動画講座

倉地加奈子のメールマガジン

パン講師だった私が今の働き方を手に入れるまでのこと、様々な商品を生み出し、そしてヒットさせてきた具体的な方法を全てメルマガで公開しています。この手法を使えば、習い事を教えること以外の商品を生み出すことがどんどんできるようになりますよ。"無料" ですのでお気軽に読んでみて下さいね。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。