ビジネスがうまくいかない人の為に成功させる為の秘訣を話しちゃう

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

少し偉そうなタイトルですが、
私がビジネスが上手くいっているから、
私がこれまでしてきた秘訣をお話しするわけではありません。

そうではなくこれまでたくさんのクライアントさん、
またビジネスが上手くいっている方に
恵まれる機会が多くありましたので、
その中で発見したことをお話ししていく記事です。

私の手柄ではなく私の周りの方に私が教えてもらった、


“ビジネスを成功に導く秘訣とは何か?”

語ってみようと思います。
よしければお聞き下さい。

ビジネスで成功を収めている人の割合を理解する

2:8の法則という面白い法則

2:8の法則

という法則をご存知でしょうか?

“世の中というのは2割の人がその他の8割の人を支えている”

という法則ですがあながち外れていないところがあります。

私は従業員を20名以上雇って
会社運営に携わっていた時期もありましたが、

例えば2割に属する優秀な社員が辞めてしまった時、
会社としては痛手ですがその人が辞めても
ちゃんと8割のに人の中からまた
2割になってくれる優秀な人間はその組織の中から出現する。

こういった経験を私自身も経験してきました。
逆もあります。

会社を支えている2割の人以外の方が
全てやめてしまった場合でも、
のこされたその2割の人間は、
しっかりと2:8に別れ組織を再構成する。

人というのは結局、誰かがその他大勢を助け、
助けられる人たちがその中にしっかりといないと
上手く回らないということでしょうか。

よく会社員をしていて、

「会社を辞めたいのは山々なんだけれど、
私が辞めたらこの会社が立ち行かなくなる。」

といった理由で退職の踏ん切りがつかない方が
いらっしゃいますが大丈夫です。

あなたが辞めてもあなたに変わる人材は、
その他8割の中から出現するようにできています。

私の主人は住宅メーカーにいたことがあり、
その会社を辞める際、

「僕が辞めたら年に何億の損失になるから、
僕のいた営業所は大変なことになるかもしれない。」

と心配をしていたそうですが、
なんてことはなく、

“主人がいなくなった後、その営業所の業績は上がったそうです(笑)”

主人の代わりに2割を勤める人が、
8割の中から出現したということですね。

実はビジネスを成功させるためには、
組織においても自営業でもそれまでの8割側から
まずは2割側に来れるかということが重要なポイントになってきます。

自営業においては2:8の法則は有効か?

さて大きな会社内で優秀な方、
その優秀な方によって支えられている方の割合は、
おそらく2:8ぐらいの確率に収まっているのだろうと思いますが、
自営業の場合はどうなんでしょう?

私はありがたいことに
様々な業種のクライアントさんがいますので、
いろいろな情報が入ってきます。

例えば私のクライアントさんに、
ネット物販で月に何百万を売り上げる大きな成績を出せれている方がいらっしゃいますが、
その方のお話だと、

“ネットショップで月10万円以上売り上げている方の割合は、
ショップ全体で1パーセントいない”

そうです。

月に10万円の売り上げと言うと仕入れなどを考えると、
正直成功しているとはとても言えないと思いますし、
そう考えるとネットショップ運営で “成功”
している人というのはさらにそのパーセンテージは低い
ということでしょうか。

私のクライアントさんで一番多い、
習い事の講師の方はどうでしょうか?

パン教室の講師の方を見てみると、
月に50万円以上の売り上げを出している方というのは、
多く見積もっても1パーセントいるかどうか
、だと思います。

50万は少し金額が大きすぎるということであれば、
月に20万円以上コンスタントに売り上げている方で見ても、
どうでしょう?

全体の3%あるかどうかぐらいの確率になってくると思います。

組織の中で見る、

うまくいっている人 : そうでもない人

の割合と自営業の場合では少し数字に違いがあるように思います。

例えばアメリカの経済活動のGDPは、
3%の富裕層によって生み出されているそうですが、
この数字は実は全世界どの国でも同じになるそうです。

そう考えるとビジネス、特に自営業で成功すると考えると、
3%を目指す必要があるのかもしれません。

そして3%というと確率的には、

“普通ではない部類”

に入ってくるわけですので、
そこを目指そうとすると普通に生活していては
難しいことが容易に想像できますよね。

自分が97%側にいることを自覚する

会社員の方はその組織で2割側に入れれば
成功を言えるのかもしれませんが、
今回は会社員の場合は置いておいて、
自営業というビジネスで成功を収めようとしたら
どうしたらよいかということを考えてみます。

ネットショップでもパン講師でも、
その中で成功しようと思ったら狭き門です。

“3%側の人間になる必要があります”

ということは今の自分が97%側にいることを自覚し、
自分を変えていかない限り、
そこへは到達できない
ということがあります。

ですのでまずは今の自分の立ち位置を
自分でしっかりと理解することが必要です。

下手くその
上級者への道のりは
おのが下手さを知りて一歩目

スラムダンクの安西監督も言っています^^

下手さを認めない限り、
3%側に行くことはできないということでしょうか。

3%側の人間を見極める

さて自分の立ち位置をしっかりと把握した上で、
3%側を目指すわけですが、
そこを目指すには既に3%側にいる人間を知らないと
目標が設定できずなかなかうまく進んで行きません。

ただここで問題があります。それは、

“そうそう3%の人間なんて会えない”

ということです。

「だってそうですよね?」

全体の3%の人しか本当の意味での成功を収めてないなら、
その3%の人ってそうやすやすと見つかるものでしょうか?

アメブロなどブログサービスでは、
たくさんのコンサルタントの方や
その他様々なビジネスできらびやかに
成功している姿を見ることができます。

一見するとうまくいっている人ばかりに思えたりしますが、

そんなことは世界経済の原理から見ると
ありえないことだったりするわけです。

ここが難しいわけですね。

自分が目指したい3%の人を見極め、
玉石混合の情報の中から本物だけを取ってくる力

97%にいるときにそれを判断しなければいけないわけですから
それはもう至難の技です

そして3パーセントの人の考え方を自分にインストールする

そして苦労して3%の人間に触れられたら、
その方の考え方を自分にインストールしてしまえば、
俗に言うビジネスで成功した側に回れます。

よく啓発書なんかに載ってますよね。

“成功者のマインドをインストールする”

このことができれば良いわけですが、
これこそ最難関です。

これは難しい。

コンサルをさせてもらっていても
本当にそう感じます。

3%の人間になるということは、
その方のそれまでの常識が非常識に変わり、
“下手をすると今までの生き方を否定された”
その人の自尊心がひどく傷つく可能性だって出てきます。

私の仕事は、もしクライアントさんに嫌われることになっても
その方を成功させること(女性らしく)が目的なので、
3%側になってもらうために言いたくないことも言ったりします。

その中で

“ついてこれない方がいてもしょうがないかな”

とも思っています。

そのかわり、

「ついてきてくれた暁には、
今までの違った世界が見れるようになることをお約束できる。」

そんなことを思いながら、
その人にふさわしい道筋、コンサルティング方法を
常にぐるぐるぐるぐる頭で考えて、
アドバイスに変えさせて頂いているというわけです。

97パーセントの時の考えを逃げ道にしない

“ビジネスで成功するための方法は3%側になること”

様々な方を見てきた中で
私が考える方法なのですが、
人は基本、変わることを恐れる生き物です。

習慣とか生き方とか考え方とか、
そう言ったものをやすやすと変えられないのは、

“それを変えると怖い、危険、精神的不安定さを招く”

など、弊害が伴いがちになることを
人間は無意識に知っているからだと思います。

ですので人は変わろうとすると必ず不安が襲います。

自分の脳が、

「わざわざそこに行く必要はないよ。」

「今までの生活でいいじゃない。戻っておいてよ。」

といざないます。

しかしそこで過去の自分に戻ってしまったら元の木阿弥。

3%側に回れることは残念ながらありません。

でも、人というのは弱くもあり強くもあります。

一人では無理でも、誰かの力を借りたり、
心の拠り所があったりすると、
自分を変えられる力を持っている生き物
です。

ライザップに通ってダイエットに成功した友人がいるのですが、
彼女は成功した理由を、

「トレーナーさんがいてくれたからだ。」

としみじみ語っていました。

自分が弱くなった時に励ましてくれたり、
時には叱ってくれたり慰めてくれたり、
大人になってもそういう人の存在がいることは
必要な場合があるのかもしれませんね。

よく私がクライアントさんにコンサルをしている時に、

「大人になってから叱ってもらえる存在がいることが宝だよ。」

と申し上げたりしますが、

「あなたは一人じゃないんだよ。」

ということを伝えたいわけですね。


「私が責任を持つからついてきて。」

時に厳しいことも言ったりしますが、
それでも多くの方が私のクライアントさんとしていて下さっている。

もう涙が出るほど嬉しさで一杯です。

成功したい、変わりたいという思いだけを大事に

自分の立場も認識した、
協力者も得た、自分が変わる時に潜む
変化を拒む自分の存在も理解した。

それができたらあとは思いだけです。

ここまで結構、理論的に話してきて、

「最後に根性論ですか?」

と思われるかもしれませんが、
実際これがかなり重要なんですよね。

「成功したい、変わりたいんだ。」

この思いがその人を突き動かします。

よく復讐や嫉妬、仕返しをモチベーションにして
起業した人が大きな業績を収めること
が多々ありますが、
これはまさに気持ちの部分が
大きなウエイトを占めていると思います。

負のエネルギーのモチベーションは
怖いくらいに強力に働くことがあります。

私は負のエネルギーを原動力にした起業は
お勧めしませんが
それでも気持ちは重要です。

“変わるんだ!  成功するんだ!”

という強い意志は過去の自分に打ち勝つことができる力を持っています。

まとめ

今日お話ししてきたことは、
私が俗に言う、

ビジネスで成功している方

をたくさん見てきた中でそれらの方々が
たどった共通する部分を順序化したものです。

もちろんビジネスの成功の形は様々にあり、
今日お話ししたことが全てではありません。

しかし多くの事例を見ていく中で、
ビジネスの成功に多分に心理的な要素が関わっていること。

結構心の部分が大きいこと

成功と人の心理は密接に関わっていることがあること

を明確に感じます。

かなりの長文になりましたが何かの気づきにして頂けたら幸いです。
一つの考えとして参考にしてみて下さいね。

最後までお付き合い頂き有難うございました。

倉地加奈子のメールマガジン

パン講師だった私が今の働き方を手に入れるまでのこと、様々な商品を生み出し、そしてヒットさせてきた具体的な方法を全てメルマガで公開しています。この手法を使えば、習い事を教えること以外の商品を生み出すことがどんどんできるようになりますよ。"無料" ですのでお気軽に読んでみて下さいね。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。