社会人で習い事を始めるならおすすめなジャンルはズバリこれ!

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

社会人になってから習い事を始める方も
多くいらっしゃると思います。

ヨガ、料理、パンなどなどたくさんの種類の習い事がありますが、
社会人になってから始める習い事は
どんなことを選べば長く続けることができ、
生活に潤いを与えてくれるのでしょうか?

今回はたくさんの習い事の種類の講師の方と
やり取りする中で感じる、
おすすめなポイントをお話ししてみようと思います。

家族を巻き込められる

社会人というくくりはかなり広く、
様々な状況の方がいらっしゃると思います。

独身の方、ご結婚されている方、
すでにご家族がいる方。

様々だと思いますが習い事を趣味として長く続けるためには、
ご家族を巻き込めるものだと、
長く続けられるものが多いように思います。

例えばパン教室であれば、
作ったパンをご家族に振る舞うことで、
喜んでもらえることによりモチベーションになりますし、
独身の方であっても親御さんや兄弟に、
パンを振舞うことができます。

このように習い事の得られたものを
ご家族にフィードバックできたり、
その習い事のことについてご家族から
理解がある状態を作ると、
ご家族の生活の中にその習い事が入ることになります。

こうなっていくと習い事は長続きします。

よくあるのが、ママが何かの習い事を始めたのはいいですが、
その習い事をすることにお子さんを始めご家族を
巻き込むことができないと、

ママが習い事に行くたびに、


「もう十分でしょ。そろそろ終わりにしたら。」

家族からの反対が発生したりして、
モチベーションが削がれてしまい、

その習い事をやめることになるということです。

それなら最初から、習い事に家族を巻き込めるようなジャンルを選ぶと、
習っている人もそれを応援する家族も円滑に過ごしことができ、
結果、その習い事が長続きすることにつながって行くように感じます。

ライフワークにする

家族を巻き込むことともかぶるのですが、
始める習い事が普段の生活に溶け込んで、
生活の中の一つにできるような習い事は
社会人にとってはぴったりの習い事だと思います。

社会人は日々の生活が様々に変化します。

そうなるとその変化の中で習い事が邪魔になったり、
自然とそれに割くための時間がもったいなくなったりになりがちです。

なのでいつも生活パターンに自然と習い事が入るような
習い事であれば生活の変化に左右されにくくなります。

普段の生活でよくするもののジャンルが
生活の中に取り入れやすいですね。

料理やパン、製菓などは、
女性であれば趣味ですでに生活の一部のように
なっている方も多いと思います。

料理教室やパン教室、お菓子教室が
世の中にものすごく多いのは生活の中にその習い事が
入り込みやすく続けやすいからではないでしょうか?

料理やパン、製菓の習い事は、
例えば風習をするのにも、
普段の炊飯にも取り入れることができます。

私も料理を作りながらパンを焼いたりしていましたが、

「朝食べるためのパンを焼くために
パン作りの復習をしよう。」

みたいな形で日常にパンを作る習慣を取り入れていました。

こうなると自然と習い事が続いて行くように思います。

趣味から仕事にできる習い事

習い事の続けるために一番必要なのはモチベーションです。

そのモチベーションを保つのに、
一番最適な方法が、

“趣味が仕事に変えられる習い事”

だと思います。

“好きなことを仕事にできたら最高”

みたいなことがよく言われますが、
まさにこれです。


趣味として始めた習い事が将来的にでも、
自分の仕事にできるようなものだったら。

それは強力なモチベーションになります。

私の場合もパン教室に習い始め、
その後講師になりましたが、

「パン作りを仕事にしたい。」

というモチベーションは
パン教室を続ける上での自分の中で
かなり大きなエネルギーになっていました。

やるやらないは別として、
将来的にでもその習い事が
趣味から仕事に変わる可能性が見えるもの。

そういったものを選ぶと
続けるモチベーションになるのではないでしょうか?

習い事の中には比較的に
仕事にしやすいジャンルというものが存在します。

パンや料理、製菓などは、
教室を比較的にオープンしやすいジャンルですが、
だからこそそれらのジャンルの教室が
多くなっている理由の一つだと思います。

まとめ

今日は社会人の方が習い事の始めるなら、
といったテーマでお話ししてきました。

気持ちよく続けられてモチベーションが常に保てる習い事は
生活にハリと潤いをもたらします。

そしてきっかけがあれば、
その習い事がいつの間にか趣味から仕事に変わる
そんなことだってあるかもしれません。

少なくとも私はそうなりました。

習い事に取り組むことをそういった大枠で眺め、
自分にとってどの習い事がふさわしいかを選ぶと
自分にあった習い事選びができるのではないでしょうか?

参考にしてみて下さい。
最後までお読み頂きありがとうございました。

倉地加奈子のメールマガジン

パン講師だった私が今の働き方を手に入れるまでのこと、様々な商品を生み出し、そしてヒットさせてきた具体的な方法を全てメルマガで公開しています。この手法を使えば、習い事を教えること以外の商品を生み出すことがどんどんできるようになりますよ。"無料" ですのでお気軽に読んでみて下さいね。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。