手に職をつけたい女性や主婦の方が考えておきたいこと

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

「手に職をつけたい。」

私は小さい頃からずっとこのことを思い続けてきました。

父が自営業をしていた影響もあると思いますが、
女性らしい自立を人生の目標に掲げ、ここまできましたが、
結論から言えば女性が手に職をつけることはできるし、
今ではそのことを応援している立場にいるわけですが、
今日は私が長らく思ってきた、

女性が手に職をつけることとは?

このことについてお話ししてみようと思います。

女性は企業で一生働くのは無理だと思っているかもしれない

女性にとって社会がまだまだ男性社会で閉鎖的

会社にもよるとは思いますが、
日本の企業における職場環境はまだまだ男性社会で動いています。

私のいた会社は日本でもかなり大きな部類の企業でしたが、
そんな大きな会社でもばっちり男性中心で動いていましたし、

“その中で女性がバリバリ出世して、
男性と同じように上に上に向かって進んでいく”

そうような道筋を想像すること自体が男性と比べても
ハードルの高さを感じました。

(思いっきり体を壊したりもしました^^)

私は全てにおいて男女平等であるべき。

といったような考えではありません。

男性と女性は違う生き物ですし同じ土台で平等にヨーイドンで
競い合えば体力的、時間的な制限がある女性は
大きなハンディキャップを背負って働くことになり無理があります。

男性と女性が違う生き物でお互いが尊重し、
会社の中で共存する風土が日本の会社に
もっと広がっていけばと思うのですが、
まだまだ日本は海外に比べると閉鎖的な面があるように思います。

子育て、家事など女性としての役割がどうしてもつきまとう

女性には結婚、出産、育児といったような女性としての
本能的な役割を果たしたくなる時が来たりします。

その時に常につきまとうのは
そういった役割を果たそうとすると、
会社にいることにどこか後ろめたさを感じることがあります。

もちろん、そういうことを感じないような、
女性が女性の本能的な役割を果たしながらも
その会社に居づらくなるような会社風土になっていない
素晴らしい会社
もあるとは思いますが、
まだまだ少ないのではないでしょうか?

日本における閉鎖的な男性中心の会社環境、
そして女性の本能的な役割を果たそうとすると考えると、

「女性は企業で一生働くのは無理だと思っている。」

と思っている方がかなり多いのではないかと思います。

願わくば手に職があれば自立したいと思っている人も多い

そういう女性を取り巻く日本において、
手に職をつけて自立したいと思っている方は
非常に多いように思います。

試しにgoogleで、

「手に職」

と調べてみて下さい。

googleで検索するとそのキーワードに
関連する付随のキーワードが表示されますが、

手に職 女性

手に職 主婦

といったような付随キーワードが並びますが、
手に職をつけたいと思われている女性が多い事を表しますよね。

ただどうやったら手に職がつけれるかがかわからない。

そんな悩みを抱えていらっしゃる女性の方が多いのではないでしょうか?

手に職をつけるということの概念

小さい頃から考え続けてきた、

“手に職をつけることの概念”

手に職をつけるとはどんなことを表すのか?

私が思う、“手に職がある” ということは、
ゼロからキャッシュを生み出せる能力だと思っています。

例えば今現在、月に何百万円を稼いだとしても、
それで手に職がついているかというと
私は少し違うと思うんですよね。

例え今一文無しになっても突然革命が起こっても
その次の日から自分の手でキャッシュを生み出してこれる能力

このスキルが身についていれば、
手に職があると言えると思ってます。

“外的要因に左右されずキャッシュを生み出せること”

手に職があるとはこのスキルではないでしょうか?

映画内でのたくましい女性

確か戦前戦後の日本の舞台にしたハリウッド映画、
“SAYURI”の中である女性がいたのですが、
その女性こそ、

手に職が付いている

と思わせてくれた女性でした。

その女性は戦前、芸者さんたちを束ねる町屋を経営していたのですが、
戦争が激化し芸者を束なる仕事はできなくなります。

しかし、戦争が終わった瞬間、焼け野原の中、
すぐさまそろばんは弾き、また新たな商売を始めていました。

商魂がとにかくたくましく、
この女性なら状況がどんなに変化しても
食べるに困らないだろうなと思ったのですが、
私の目指す、

“手に職を持っている女性”

でした。

突如、焼け野原になろうとも、
その次からそろばん片手にキャッシュを生み出せる力。

私の場合は、その能力を身につけるべく
常に進んできたように思います。

手に職をつける訓練は会社員時代からできる

「ではゼロからキャッシュ生み出すスキルは
どのように身につけたら良いか?」

まさにそのことを教えるのが私の仕事でもあるんですが、
会社員時代でもそのスキルを高めるコツがあるので、
少しお話ししてみようと思います。

例えば営業をしていたとしたら、
その会社の商品のブランドを利用して売るのではなく、
どんな商品でも売れるようにセールス力を
磨くように意識することが重要です。

営業をしていると売れる人でも一定量いるのですが、

“この会社の商品を溺愛しているから”

という思いでセールスに励んでいる方がいらっしゃいます。

もちろん会社の製品を愛しそれを伝えることで
成績を出している素晴らしい方だとは思うのですが、
その方は他の会社に移った場合、同じように売れるとは限りません。

そうではなく会社に所属していても、
商品が変わった場合、会社が変わった場合のことを
常に想定して会社のブランドに頼らないスキルをつけていく。

私の場合は、

“鉛筆一本でも100万円で売れるスキルを身につけられること”

を常に意識していました。

会社員時代からでもその会社のブランドに頼らず、
どこに行っても通用するスキルを身につける姿勢を持つ。

これすごく重要なことだと思うんですよね。

男性社会の日本の会社からでも手に職をつけるための訓練はできます^^

まとめ

女性が手に職をつけることはできます。

そのためには男性にはない女性特有の制限があること理解し、
そのことを前提にしてその中で、
手に職をつけることを考える必要があるように思います。

ゼロからキャッシュを生み出せる能力を手に入れて、
女性らしい自立を実現する。

どんどんそういった女性が増えていくことで、
日本の就労環境までもが変わっていくのではないでしょうか?

最後までお読み頂きまして有難うございました。

倉地加奈子のメールマガジン

パン講師だった私が今の働き方を手に入れるまでのこと、様々な商品を生み出し、そしてヒットさせてきた具体的な方法を全てメルマガで公開しています。この手法を使えば、習い事を教えること以外の商品を生み出すことがどんどんできるようになりますよ。"無料" ですのでお気軽に読んでみて下さいね。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。