客単価をアップさせるのに一番簡単明快で無理がないとっておきの方法

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

先日とあるクライアントさんから、

「うちの生徒さんは生活ギリギリの人が
多いから倉地さんが言うように
単価を上げることは難しいですよ。」

といったようなことを言われたことがありました。

ただ、正直申し上げてこの感覚を持っていると
客単価はなかなか上げることはできませんし、
上げたとしても無理が出る場合が多い傾向
があります。

“なぜか?”

今日はそのクライアントさんの質問に答える形で
ブログを書いてみたいと思います。

客単価があげられない人たちの声

先ほどのクライアントさんの声、

「うちの生徒さんは生活ギリギリの人が
多いから倉地さんが言うように
単価を上げることは難しいですよ。」

この考え方は、

「お客さんの持っているお金が決まっているから、
限界までもらってしまっては申し訳ない。」

といった考え方があるから “単価を上げるのは難しい”
考えているんじゃないかと思います。

でもこのパターンで客単価が上げられず悩んでいる方は、
実はお客さんに問題があるから客単価が上がられないのでなく、
実は売り手側に問題があること
があったりします。

神田昌典さんの本に書かれていたのですが、
とある電気屋さんの店主が、

「うちのお店のお客さんは
値引きばかり要求してくるので困っている。
安いものしか買わないんですよ。」

と嘆いていた。

で、そのお店の広告を見てみると、

“安く!どこよりも安く!”

と書かれていた。

なんて話が書いてあったのですが、

“単価を下げているのは実は売り手に原因があった”

なんてことは結構あって、
私に「客単価が上げられない。」と言われたその方も
実は同じように自分自身で客単価を下げている要因を
作っている可能性
だってあるわけです。

客単価が上げられなくて困っている人のやっていること

では “客単価をあげるにはどうすれば良いか?”
ということになるのですが、
まずは客単価が上げられない人が行っていることを
ちょっとしたたとえ話で説明してみることにします。

池で魚釣りをしているとどうなるか?

客単価が上げられず悩みながらビジネスをしている方を
魚釣りに例えると池で魚を釣っている感じで表現できます。

池の中にはある程度の魚がいてそれがお客さんです。

お金という餌を食べてもらおうと必死に考えていますが、
そもそも池が小さいので魚自体が小さくて
大きい餌を食べてもらえず(高額を払ってもらえず)
それでもなんとか大きな餌を食べてもらおうと努力している状態
です。

無理がありますよね。

“お客さんの持っているものから最大限に奪ってやろう的”
“搾取的な発想のビジネス” になりがちなので、
こういった状態だと単価は思うように上がりません。

ではどうしたら大きな餌をお魚さんに
食べてもらうことができるのでしょうか?

魚を成長させて大きな餌を食べてもらえるようにする

大きな餌を食べてもらうには魚に成長して
大きくなってもらう必要があります。

ただ小さな池ではなかなか魚は成長してくれません。

ではどうするか?

倉地加奈子
池を決壊させ海とつなぎ大海へ出てもらいましょう。

わかりにくかったらすみません。

倉地加奈子
要するに小さな池にお客さんを止めているから成長できないわけなので魚を大きくするには海に放てばいいわけですよ。

図にするとこんな感じ。

ほら、海に出たら魚が大きくなりますよね。

海の豊富なものを取り入れた魚は、
大きな餌も食べれるようになります。

そしてまた池に戻ってきてもらう。するとどうでしょう?

それまではとても食べられなかった大きさの餌も
すんなりと食べてくれますし、
何と言っても無理がないですよね。

お客さんを池から大海へ放ち、
そしてまた池に戻ってきてもらって
大きな餌を食べてもらう。

あなたのビジネスでこんな感じのことができたら
客単価は上がってくるのではないでしょうか?

どうすれば魚が海に行き成長しまた戻ってくるのか?

例え話がわかりにくかったら申し訳ないのですが、
どうやったらこの例え話のようなことが
できるようになるのか?を考えてみます。

まずは、

“お客さんを成長させる、教育する”

という心構えを “リーダーであるあなた” が持つ必要があります。

小さな池に魚を囲って必死になって
大きな餌を食べてもらうための努力を捨て、
お客さんが成長することを喜び、
そのためのヒントを与える(池を決壊させる)。

持っているものを奪うのではなく、
増えたものから頂くようにする。

まずはこの “心構え” “リーダーとしての器の大きさ” が必要です。

よくセミナーなどに行くと録音禁止のところがありますが、
「どうして?」と思いますね。

倉地加奈子
録音して何度も聞いてもらった方が、
お客さんが成長してくれるじゃないですか。

倉地加奈子
お客さんが成長することが怖いんですか?
小さな池に止めておいて奪うつもりですか?

もしかしたら魚が成長し海に行ってしまったら
戻ってこないんじゃないか?

不安があるのかもしれません。

そんな不安は不要です。

なぜならリーダーに芯があって、
お客さんに憧れ続けられていれば

例えお客さんが海に出たとしても、
お客さんはちゃんともといた池に戻ってきてくれます。

お客さんを成長させ、その成長に追いつかれないように
リーダーはさらに成長し、
さらなる大海をお客さんに見せる。

常にお客さんの一歩先にいる。

そういうビジネスができれば、
客単価は自ずと上がります。

もちろん海で成長した立派で大きな魚は、
そう簡単には大きな餌を食してはくれません。

大魚を作り上げることのできる凄腕の釣り人になっている必要があり、
そのための努力をすると必然的に

  • “リーダーが成長する”
  • “結果的に客単価が上がる”
  • “お客さんを成長させることができる”
  • “池自体に良い循環を生むことができていく”

という構図です。

もうちょっと具体的な例でお話しすると・・

たとえ話のオンパレードだったので
もう少し具体的にお話しすると、

あなたがパン教室の先生だったら、
小さな池で魚釣りをしている状態は、
ただパン作りを教えている状態です。

ですのでまずは生徒さんに海を見せる必要があります。

ここでいう海とは “パン作りを教えること”
魅力を感じてもらうことです。

だってあなたは今、パン作りを教える講師をしているわけですから、
パン作りを習ってくれている生徒さんが
あなたに憧れてくれていれば、

自分も先生のように講師を目指してみたい。

と思うのは当然の流れです。

そして実際にパン講師になってもらって(講師を育成し)、
海で泳いでもらうとその方は嫌でも成長します。

自分でも収入を得られるようになり、
ということは体も大きくなり
大きな餌を食べられるようになってくれるわけです。

その時にあなたは “その人に必要なもの”
その口の大きさに合わせて提供する。

あなたがパン講師として行ってきたことを
その人に合わせて教えれば良いわけです。

この流れができているクライアントさんで
単価が上げられていない方はいません。

生徒さんが持っているお金からもらうのではなく、
生徒さんに憧れてもらい、輝く未来を見せ成長させ、
その成長部分から報酬を頂く。

自分も成長し生徒さんも成長し、
その生徒さんに教わっている生徒さんも成長する。

私が教えているのはこの流れを作ることです。

だから私はこの流れを提唱する

英会話講師、パン講師、料理講師、
女性でも単価の飛躍的なアップを可能にするのが、
私の教えるビジネスモデルです。

プレイヤー

教育者

管理する側に

この流れを自分のビジネスに実装できた時、
客単価は自ずと上がっていき、

気付けばちょっとびっくりするくらいの
報酬を得ることができてしまった。

ということも可能になったりします。

そしてこの流れは必然的に、

“肉体労働の時間を減らし、
知識労働に移行を可能にしてくれる”

ので、結果的に私の目指してもらいたい

“女性らしい自立”

を可能にしてくれるわけです。

だから私はこの方法をクライアントさんに
教えているわけなんですよね。

まとめ

“客単価を上げられない”

とあるクライアントさんの切実な悩みに答える形で、
記事にしてみました。

私はブログ記事を書く時、
私のブログを見ただけで、
例え私にお金を払ってもらわなくても、
一人でに大海に出て成長してくれる人が
現れたらいいな、という気構えで書いています。

私のブログが池みたいなイメージです。

いい流れを自分のビジネスに作れれば、
結果的に帰ってきます。

是非、あなたのビジネスも小さな池を決壊させて、
大きな良い流れを作って客単価を
どんどん上げていってみて下さいね。

最後までお読み頂き有難うございました。

P.S.

ブログのほかにもビジネスが学べるツールを用意していますので、
興味のある方は覗いてみて下さいね^^。

無料で学ぶ↓

倉地加奈子のメールマガジン

有料でがっつり学ぶ↓

習い事の講師の大学

切り返しトーク集無料プレゼント中!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中で、生徒さんに言われて答えにくい質問にうまく切り返すトーク集を無料で公開しています。是非この機会にトーク集とトーク力を手に入れてみて下さい。"無料" ですのでお気軽にご登録下さい。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。