習い事の教室はペルソナをサイト自体にも設定する必要がある理由

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

ペルソナ設定をしましょう。

ブログを書くときによく言われること。

“簡単に言えばブログを書くときに、
特定の一人を想定して書くと良いですよ”

という感じのことなんですが、
習い事の教室をしていてサイトを持っているなら
“サイト自体”も一人の人を思い浮かべて
作る必要があるように思います。

倉地加奈子
あんまり専門用語は使いたくないのですが、ちょっと難しいですよね?

ですので今回はそのことの重要性を“なるべくわかりやすく”
説明していこうと思います。

お付き合い下さいませ。

習い事の教室のサイトはただ生徒さんをたくさん集めれば良いのではない

習い事の教室をされている方でブログやサイトを
持たれている方は集客のために運営されていると思いますが、
習い事の教室のブログやサイトは、

“たくさんの人に見てもらってそのうちの何人か来てくれれば良い”

みたいな感じで作ってしまうと少々問題が発生します。

こういうスタイルでサイトを作ると起こりがちなのが
自分の集めたくない人までを呼んでしまうという問題ですね。

ですので習い事の教室のサイトというのは、
ただただ人を集めるだけではなく、
自分が狙った人だけを集める必要がある
ように思います。

ブログやサイトを持つことで実現できる世界

習い事の教室の中にはブログやサイトを持たず、
ご近所さんだけを集めて、
教室運営されている方もいらっしゃいます。

それはそれで良いと思うのですが、
そういう講師の方の中には自分の苦手な人、
好きではない人に囲まれながら、
我慢しながら教室運営をされている方が一定量いらっしゃるのも事実
です。

  • ご近所さんから集められる人数には限りがある。
  • ですので生徒さんを選んでなんかいられない。

お気持ちはわかるのですが、そんな感じの教室運営は、
講師に負担がかかっている状態なので、
なかなか健全に回っていきません。

今はもう講師をしていませんが、
私の教室の場合はどうだったかと言うと、
教室内に私の苦手な生徒さん、嫌いな方は
一人もいらっしゃいませんでした。

私のクライアントさんの教室も同じです。

好きな生徒さんだけでその方々に憧れられながら
健全な教室運営をする。

ネットの使い方次第でそういったことも可能になります。

どうすればそんなことができるか?

“好きな人だけ、自分の方向を向いてくれる人だけで教室運営をする”

どうしたらそんなことが可能になるのでしょうか?

それを可能にするのが先ほど出てきた難しめのこと、
ペルソナ設定をサイト自体に施すことです。

この言葉自体が難しいので簡単に言うと、
自分の来て欲しい一人の方を
思い浮かべてサイトを作ることが重要だ
ということです。

ブログやサイトには、プロフィールや教室のコンセプト、
レッスン内容などレッスンのセールスをするためのことを
書く部分があると思いますが、
特にそういった部分を書く時に、

“本当に自分が来て欲しいたった一人を想像して書く”

これが必要になってきます。

たった一人の人向けに書いたら一人しか来てくれないんじゃないんですか?

倉地加奈子
それがそうはならないんですよ。

これが不思議なのですがたった一人を思い描いて
作ったはずのサイトが気付けば生徒さんで溢れている。
しかも自分が来て欲しい人だけで。

こんなことになるのが面白いところで、
それができると必然的に客単価は上がります。

私のクライアントさんの教室が20名の生徒さんで
月額50万円を安定して売り上げるのは、
狙った方だけを集めて濃い方だけで教室が作れているからです。

苦手な生徒さんに囲まれてストレスフルの中、
行う教室運営とどちらが良いと思われますか?

“たくさんの人いらっしゃい” では人の心に響かないし自分の欲しい人は来てくれない

たくさんの人おいでよ!的な感じになっている
習い事の教室のサイトは世の中に非常に多いです。

というよりもほとんどがそんな感じだと思います。

しかし、一人の人を設定していないサイトにしてしまうと

  • 教室に個性が感じられない
  • 講師に芯がないように感じられる
  • 講師が自信がないように思える

といった具合に写りがちになってしまいます。

一方、来て欲しい一人の人を思い描いて作ってあるサイトは、
“ユニークさ”“他の教室との違い” が伝わってきますね。

昔の私も私のクライアントさんの講師の方も、
電車や車で2時間かけて通ってくれる生徒さんを
持っていたりしますがネットだから実現できることですよね。

「たくさん見てくれてその中の何人か来てくれればいいな。」

ではなく、

自分の来て欲しい方をネットを使って範囲を広げ見つけに行く。

ご近所さんという狭い中では
決して実現できないことが実現できるのが
インターネットを使う魅力ではないでしょうか?

一人の人を想定してなんてうまく書けないんですけど

来て欲しい一人の方を思い浮かべてサイトを作る。

倉地加奈子
最初は少し難しいかもしれません。

自分の確固たる“来て欲しい一人の人”を決まっていると
すんなりと書けたりすんですが、
上手く書くポイントを少しお話ししてみたいと思います。

来て欲しくない人を思い浮かべ本当に来てもらいたい人は誰かを考える

来て欲しい人を想像するときには、
来て欲しくない人を思い浮かべると逆にわかってきたりします。

来て欲しくない人なんて想像するのおこがましいです。

倉地加奈子
そうでしょうか?

わざわざサイトに、

“こういった方はお断りです!”

と書けば角が立ちますが、
来て欲しい人を想像するときには、
来て欲しくない人を自分の中で明確にして、

本当に来て欲しい人だけ全力で
エネルギーを注ぐことをコミットする。

倉地加奈子
そういった講師の誠実性が結果、
人の心を打つことになったりするんですよ。

自分の理念を明確にし生徒さんをどこに連れて行きたいかを熱く語る

自分の目指す理想の未来、
生徒さんを連れて行きたい世界(理念)
を語る。

このことは重要です。

生徒さんって習い事の教室に通おうって思う時は、

「この教室で最後にしたい。」

っていう思いがどこかにあって、
自分が理想とする講師、教室を
常に探しているという心理を持っています。

その時に講師がしっかりとした
明確な生徒さんを連れて行きたい理想の未来を持っていること
そういった心理の生徒さんに響くんですよね。

ちょっと難しいのですが、

“生徒さんがこの教室に通うことでどんなところを目指せるか?”

という世界をサイトに打ち出してみる。

倉地加奈子
そんな世界に何人の人も連れて行けませんよね?

だから結果、連れて行きたい一人の人
想像することになるわけです。

あなたを私は応援しているんだということを伝える

これも重要です。

「一人の人を全力を応援する立場にありますよ。」

ということを伝える。

習い事が習えますよ、
ということを伝えるのではなく、

“習い事の通じてあなたを応援するよ”

ということをサイトに明記する。

ちょっと壮大な感じですが、
人を応援できる人は支持されます。

なぜ支持されるかといった理由を説明すると
確実に眠くなる内容になってしまうのでここでは書きませんが、
一人の人を応援してるよということを
サイトには入れるようにして下さいね。

最後の手段は自分で書くのが無理だったら人に頼む

「そんなことうまく表現できるだろうか?」

だったら人に書いてもらいましょう。

倉地加奈子
自分のことを自分で表現するのは超がつくほど難しいです。

自分の思いとか行きたい理想の未来なんかは、
人話している時に限ってふと気づいたりしますが、
自分のことって自分が一番よくわかりません。

ですのでそれを代理で表現するという
私の仕事が成り立っているわけです。

ちなみに私が運営していた教室だって、
コンセプトとかは主人に手伝って書いてもらっていました。

普段は人のことを表現する立場にいる私でさえ、
自分のことを表現するのは難しいです。

“だったら人に頼んでしまう”

一つの手だと思いますよ。

まとめ

“一人の来て欲しい人を思い浮かべサイトを作る”

その重要性がなんとなく理解して頂けたのなら幸いです。

もし自分の教室が苦手な生徒さんばかりになっていて、
ストレスが多い教室運営になっているんだとしたら、
それはサイト、ブログの書き方に問題があるかもしれませんよ。

以前の記事にも書いたのですが、
安い買い物しかしないお客さんばかりで嘆いている
電気屋さんの広告を見ると、

「安く!どこよりも安く!」

と書かれていた。

“実は自分でそういう方を集めていた”

なんて話はよく聞く話です。

来て欲しくない人向けにサイトを作るのではなく、
来て欲しいたった一人の人向けにサイトを作る。

重要なことではないでしょうか?
参考にして頂ければ幸いです。

切り返しトーク集無料プレゼント中!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中で、生徒さんに言われて答えにくい質問にうまく切り返すトーク集を無料で公開しています。是非この機会にトーク集とトーク力を手に入れてみて下さい。"無料" ですのでお気軽にご登録下さい。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。