個人の方がコンサルタントを必要とされるこれだけの理由

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

現在、私の仕事の一つとして、
個人向けコンサルという仕事があります。

習い事の講師の方、ネット物販、
コンサルタントをされている方
など、
幅広く企業ではない女性個人の方のコンサルを
させて頂いています。

ではなぜ個人の方が私というコンサルタントを
必要とされるのでしょうか?

今日は私がコンサルをさせて頂いている
クライアントさん達からお聞きした理由、

個人の方がコンサルを必要とされる理由

について羅列して説明してみたいと思います。

自己流で行っていることに限界を感じた

私のコンサルを受ける理由で多いのが、
この理由です。

今までは自己流にこだわってビジネスを
してきたけれど限界を感じてきてコンサルを申し込みました。

限界を感じているということは
壁に当たっているということ
だと思います。

その壁をコンサルを受けることで打破したい。

これは私もわかります。

倉地加奈子
私自身も壁を感じたらできている人に
すぐさま聞きますから。

倉地加奈子
結構その辺りは素直なんですよ^^

ビジネスがうまくいかない人の為に成功させる為の秘訣を話しちゃう

2017.06.10

様々なセミナーを受けてきたけど、より自分にあった直接サポートが欲しかった

私のコンサルを受けて頂く方の中には
それまでかなりの量のセミナーや教材を
勉強されてきた方
がいらっしゃいます。

私も教材を複数販売してます。

教材は個人の方にでもピンポイントで響くように
こちらとしては頭を絞って作ってはいるのですが、
個別具体的な事象までを
網羅することはどうしても厳しいところがあります。

私の生徒さんでこんな方がいらっしゃるのですが、
この方にバックエンドとして
20万円の資格付き育成講座を売りたいのですが、
どうしたらよいでしょうか?

こういったかなり個別的、具体的な質問にも
答えるのができるのが
コンサルのよいところだと思います。

自分を客観的に見てもらいたい

この理由も多いですね。

自分を客観的に見て欲しい。

人間は自分のことが自分が一番わからないものです。

倉地加奈子
私自身も自分自身のことはわかりません。

ですので自分を客観的に見たい時は、
ビジネスパートナーである主人に助言を求めたり、
主人と私、両方を客観的に見てもらいたい時は、
赤の他人の方にコンサルをお願いしたりもします。

コーチングなどのビジネスもそれで成り立ってますよね。

自分を客観的に見れないからこそ
成り立っているビジネスは他にもたくさんあります。

開業直後からスムーズに軌道に乗せたい

私のクライアントさんには
既にご自身でビジネスをされている方も
もちろんいらっしゃいますが、
そうではなくまだ起業前の方もいらっしゃいます。

そういった方が私のところに来られる理由が、

“開業してすぐにビジネスを軌道に乗せたいため”

だったりします。

起業時はパワーが要ります。

起業時は、それこそエンジン全開で
離陸するジェット機のように
機体を持ち上げるまでは大変です。

その大変さを無意識にわかっていらっしゃるのか、
離陸の方法、機体をよろめかせることなく
スムーズに起業されたいと思われる方が、
私のコンサルを起業前に受けられたりしますね。

生徒さんが増えてきたからここらで一発飛躍したい

この理由は既にビジネスをされていて、
さらなる飛躍をされたい方の参加理由に多いですね。

何事にしてもステップごとステップごとに
適切な先生は必要ということなのでしょうか?

今いる生徒さんと共にさらなる良い方向に教室を向け、
ますますの発展のために
私に助言を求められる方もいらっしゃいます。

お客さんがいるのに利益率がイマイチ上がらないのでなんとかしたい

この理由も多いです。

倉地加奈子
ビジネスってお客さんの数じゃないんですよ。

この考えものすごく大事なんですよね。

“高収益化”

これを達成しなければ女性らしい自立はありえません。

ただこれを実現するためにはビジネスをする側の人間に
求められることは非常に多いです。

それを肌で感じられた方々が私に助言を求められる。

こういうケースもあります。

教室が自分主導にならない

講師の方で生徒さんの主導権があって、
いつも生徒さんに振り回されている方
がいらっしゃいます。

中には軽く生徒さんに
いじめられちゃっている先生なんかも
いらっしゃるくらいです。

この問題を引き起こしているのは、
100パーセント講師側の責任なのですが、
ただなぜ、こういったことになっているのかが
わからないため、自分主導の教室にできない。

それを実現したいために、これまた、
私のコンサルを必要とされる方もいらっしゃいます。

自分の商品(システム)に自信がない

売り上げを上げるだけなら
自分のビジネスの仕組みをしっかりと組み上げれば
なんとかなってしまいます。

ただ、この仕組み作りはどうしても
論理的思考とビジネス全般を理解していないと
自分のビジネスに実装することはできません。

  • 自分の商品、仕組みに自信がない。
  • 仕組みだけで利益を上げられるものが作りたい。

私のコンサルで、仕組み作りコンサルというものが
あるのですが、その需要は物凄く多いです。

短期間で結果を出したい

ライザップ的な感じですね。

とにかく短期間で結果を出したい。

いらっしゃいますよ。こういう方々。

私のコンサルは短期集中型ですので、
こういったご要望の方にお答えできるのですが、
要求レベルはそれなりに高いことは
理解してもらう必要は大前提としてありますね。

倉地加奈子
とにかく三ヶ月は死ぬもの狂いでついてきて下さい。

私がよくクライアントさんに言うことです。

ついでにライザップの記事もチェック!

結果にコミットする時間とお金の使い方3つのポイント

2017.06.08

先行投資をしてでものちの大きな結果をつかみたい

私のコンサルを受けてくれている方の中には
それまで、”いずれ必要になるであろう自己投資が必要な時のために
しっかりと貯蓄してこられた方” 
というのが結構います。

倉地加奈子
頭が下がります。

そしてそのお金を先行で投資して、
のちの大きな結果をつかみたいと
思われて私のコンサルを受けられる。

私はその気持ちにしっかりと答えるつもりでいつもいるので
私を選んでくれたことをとても嬉しく思っています。

引っ張ってくれる人が欲しかった

誰か指針となるリーダーが自分には欲しい。

こういった欲求は大人になっても
いつまでも人の中にあるような気がします。

確かに良きリーダーの下では人はどんどん育ちますので、
そういった “自分にとっての指針となる人” を待ちわびていた。

倉地さんなら未来を見せてくれる気がした。

そんなことを言ってもらえると感慨無量なのですが、
その分、身が引き締まりますね。

叱ってくれる人が欲しかった

大人になると減る機会、
それは、

“誰かに叱ってもらえる機会” ではないでしょうか?

倉地加奈子
怒られるのと叱られるのは違いますよ。

誰かが自分のことを思って、
正しい方向に向けさせるために叱ってくれる人。

そういう人が自分の周りに多くいる方は
強いのですが、その存在をコンサルに求める。

私は大歓迎ですしクライアントさんの未来が良くなるためであれば、
嫌われる覚悟で容赦なく叱ります^^

まとめ

私のコンサルを受けてくれている方々からお聞きした、

個人の方がコンサルが必要だと感じた理由

をずらーっと羅列してみました。

参考にして頂ければ幸いです。

ここまでお話ししておいて申し訳ないのですが、
現在(2017年7月時点)、半年以上先まで
コンサルの予定が埋まってしまっていて
習い事の講師の大学コミュニティ内でしか
新規募集(先行予約受付)はしていない状況です。すみません・・。

習い事の講師の大学はこちら

切り返しトーク集無料プレゼント中!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中で、生徒さんに言われて答えにくい質問にうまく切り返すトーク集を無料で公開しています。是非この機会にトーク集とトーク力を手に入れてみて下さい。"無料" ですのでお気軽にご登録下さい。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。