勉強できる人の特徴を真似ても勉強やビジネスがうまくいかない理由

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

世の中、“勉強ができる人” という方がいらっしゃいます。

私は残念ながらすごく勉強ができる部類ではなかったので、
それらの方を見ると

「凄いな。羨ましいな。」

と思っていたことを思い出します。
そして私は今、事業を営んでいます。

有難いことにたくさんのお客様に囲まれ、
ビジネスは順調に推移しております。

こうなってみてふと気づいたことがあります。
それは、


“ビジネスと勉強にはかなり酷似した共通点がある”

ということ。

そこで今日は、私の経験を踏まえ、
勉強ができる人の特徴を押さえながら、
ビジネスをうまく運営するために知っておくと良いことについて
お話ししてみようと思います。

勉強ができる人の特徴

私は学生時代、勉強がすごくできる部類の人間ではありませんでした。

最近ではテレビの番組でクイズ番組が人気で、
お笑い芸人や俳優さんが、

“頭の良いグループ”

のくくりで登場することがありますが、
あのグループに入れるほど私は優秀ではなかったですね。

ですので私は学生時代などは、
優秀な人を見て、

「この人たちはなんか違うな。」

といったような雰囲気のものをいつも感じていました。

そしてそういった優秀な人に、

「どうやったらテストの点数が取れるのか?」

ということを聞くとかえってくるのが、

「全然勉強はしていないよ。」

という言葉でした。

当時の私はその言葉を鵜呑みにして、

「全然勉強していないのに点数が取れるなんて才能なんだな。」

「この人が勉強してないなら私も大丈夫かな。」

と言ったように素直に受け取ってしまっていました。

子供なので、

“相手の言葉の中にその真意を受け取れ!”

などと教えられませんので、
そうやって優秀の方の言葉を率直にとってしまうことは
ある意味仕方のないことでしょうか。

勉強のできる人の言葉の真意

「全然勉強してないよ。」

優秀な人が口にするこの言葉、
その言葉はかなり厄介です。

優秀な人はこの言葉を私のように優秀ではなかった人に
言うべきではないですよW

純粋な子供心を持っていれば間に受けてしまいますからね。

では優秀な人たちはなぜこの、

「全然勉強していないよ。」

という言葉を発するのでしょうか?

考えられる点は二つです。

本当は勉強をすごくしているのに嘘をついている

一つ目はこれですね。

実は優秀な人も影ではものすごく勉強しているのに、
それを隠している。

こういったことも考えられます。
もしかしたらこういった方もいらっしゃるかもしれません。

ただ私が幼少期に優秀な人からは、
とても、

“勉強しているのに勉強していない”

と、とても嘘をついているようには思えなかったんですよね。

だからこそ、

「この人たちも勉強してないんだから大丈夫!」

といったように思っていたんだと思うわけです。

本当に全然勉強していないと思っている

二つ目はこちら。

優秀な方は、

「自分が本当に勉強していない。」

と思っていて素直にそのことを口にしている場合です。

例えば優秀な方にとっては、

“家に帰って3時間勉強することは勉強したうちに入らない”

“生活の隙間時間を使って英単語を暗記することは勉強に入れない”

といったように、

その人の勉強をしたという概念が、
私のようにそれほど優秀ではない人と既に違うので、
実は本心を述べていた。

こういったことは考えられないでしょうか?

実はこの感覚、今私が経営者になり、
ある程度事業を回せるようになってみてわかりました。

私も今現在は、

“すごく仕事をしているとはとても思えない”

からです。

勉強ができる人がたどり着いている境地

まざまざと見せつけられた優秀な人の勉強

さて、話を勉強ができる人に戻しますが、
私は高校時代にとある超優秀な学生さんの
勉強の仕方を見る機会があったことがあります。

意外と人の勉強しているところを見る機会って少ないですよね。

ただその時はひょんな出会いから、
その人と一緒に勉強させて頂く機会に恵まれました。

その時驚いたことがあります。

私は数学が得意だったのですが、
その方と一緒にとある同じ参考書を勉強することになり、
机を隣同士に並べ同じページから、
同じ時間をかけて勉強をしました。

時間にして2時間くらいだったと思います。

一通り同じ勉強を終え、
二人で理解力のチェックをしようと、
自分たちが勉強したことをそれぞれで発表しあった時、驚愕しました。

その人の2時間での理解力は私の数倍、
いや数十倍
といったところ。

「それに比べ私といったら同じ時間、
同じ内容を勉強していたはずなのに、
何をしていたんだろうか?」

ショックを受けるほどの違いを思い知らされました。

そしてその時に、小さい頃からよく聞いていた、
優秀な人が発する言葉。

「全然勉強していないよ。」

という言葉の意味が理解できました。

この人たちにとっては2時間という時間の濃さが違っていて、
それほど長い時間をかけなくても
勉強を終えてしまうことができる。

「確かにそれほど勉強していないよ。」

と言いたくなるのもうなずけるなと感じました。

超効率化が既になされていたその方の勉強

ではなぜその人の勉強は私の勉強とそこまで差があるのか?

それはその人がこれまでかけてきた
膨大な時間と努力によって、
勉強すること自体の効率化が図られ、
時間当たりに吸収できることが違っていた。

要するに勉強の効率が私とは別物だったということです。

「最初から今のようにできていたの?」

と私が聞いた時にその方からかえってきた言葉が真実を物語っていました。

「以前は凄く時間がかかったけど、
今では短い時間でも参考書の内容を理解できるようになったかな。」

優秀な人の勉強は、
それまでのかけた膨大な時間により効率化が図られ、
同じ時間に吸収できる量自体が変わっていること。

優秀な人の勉強の正体がわかった瞬間でした。

“量質転化の法則”

と言ったりしますが、
何事もたくさんの量をこなしていると、
ある時を境にグッと一気に効率が上がる(質に転化する)ことがありますが、
勉強ができる人はそのラインを超えていたわけですね。

仕事も勉強も実は同じ

現在私は人にビジネスをお教えする立場にあります。

クライアントさんのメールを添削したり、
セールスレターを書いたり、プロジェクトを企画したり、
そんなことをしているとクライアントさんからよくこんな言葉を頂きます。

「このプレゼンを作るのに5時間もかかってしまいました。
だけど倉地さんから30分後に添削して頂き、返ってきたプレゼンは、
私が作ったものとは比べ物にならない内容とスピードで
私の無力さにショックを受けました。」

この感覚は私が高校の時にあの方と
一緒に勉強した時の感想そのものだと思います。

確かに今の私はクライアントさんの資料を作ったり、
文章を添削したりするのはスピードも速いですし、
内容もとびきりのものにする自信があります。

でもそれは私が特別だから、
もともと生まれ持った才能があるから
ではありません。

それまで膨大な時間と労力をかけ続けた結果、
ある時を境に量が質に転化した。

量質転化が起こったために現在のようになっただけです。

あまり言いたくなのですが、
私がブログを書き始めた時、
一番最初の記事を書き終えるのに5時間かかりました。

今はどうか、この記事でいうと、
ここまで15分です。(測ってみました^^)

凄いですか?全然凄くありません。

なぜならここまでになるまでに
とんでもない量をこなしてただ量が質に転化しただけ
だからです。

現在私は1日に2万文字くらいの文字を書きます。

毎日大量に来るクライアントさんからのメールや
プレゼン作り、企画立案、そしてブログやメルマガ(無料、有料のもの)、
などなどとにかく文章を書く機会が多いですが、
それでも家族との時間を取りたいため16時には仕事を終えています。

そしてそうなると、クライアントさんから、

「倉地さん16時までしか働いてなくて、
全然仕事をしていないのにそれだけ結果が残せるのは
私とは全然違いますね。」

と言われたりするわけですが、それも違います。

特別な人間でもなんでもなく、
ただただ今まで量をこなしそれが質に転化しただけなんですよね。

(営業時代とか1日2〜3時間睡眠で2年以上過ごしたりしたら
嫌でも量が質に転化しますよ、本当に。
ただあの時代で一気に老けたんで私の老化を返してもらいたいとは思っています^^)

仕事も勉強も同じだったわけですね。

“勉強ができる人間は量をこなし質に転化しているから、
時間をかけなくても超効率的な勉強ができる”

“量質転化を起こせていなかった私には、
私とは違う人間に見えていた”

このことが真実ではないでしょうか?

まとめ

今の私は、

“毎日すごく仕事をしている感覚”

は持っていません。

ただ、

“今まで凄く仕事をしてきた感覚”

は物凄く持っています^^

量質転化が起こるタイミングは人それぞれですが、
ただ遅かれ早かれその時は来ます。

その時を信じて圧倒的な効率化が図れる瞬間まで、
時間をかける。

そしてその時間をかけた者だけが味わえる世界、

「全然働いてないよ。」

と嫌味ではなく言える感覚を味わってみてはいかがでしょうか?

参考にして頂ければ幸いです。
最後までお読み頂き有難うございました。

切り返しトーク集無料プレゼント中!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中で、生徒さんに言われて答えにくい質問にうまく切り返すトーク集を無料で公開しています。是非この機会にトーク集とトーク力を手に入れてみて下さい。"無料" ですのでお気軽にご登録下さい。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。