井伏鱒二の小説「山椒魚」のストーリーとビジネスの共通点

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

大昔に読んだことのある井伏鱒二の小説、

「山椒魚」という物語。

ふと、そのストーリーを思い出していた時、
ビジネスにも通じる人の陥りやすい特徴を
うまく捉えているなと改めて思ったので、
今日は読書感想文のような形で
ブログを書いてみようと思います。

山椒魚のストーリー

山椒魚のストーリーがわかってしまうので、
もしネタバレを望まない方は読まないで下さい^^

山椒魚(さんしょううお)は悲しんだ。
彼は彼のすみかである岩屋から外に出てみようとしたのであるが、
頭が出口に使えて外に出ることができなかったのである。

引用:山椒魚

 

この物語は、「岩屋に住んでいた山椒魚が
2年の間、その岩屋でじっとしていたら
自分の体が大きくなってしまって、
出れなくなってしまった。」

ということから始まります。

岩屋から出れなくなってしまった山椒魚は、
岩屋から外の世界を覗き、
外の世界で起こっていることを
あざ笑いながら生活をします。

そしてついには自分のすみかである岩屋に
迷い込んできたカエルを、
岩屋の入り口をふさいで
閉じ込めてしまうという行動をとります。

そして山椒魚は、カエルと
みにくい言い争いをしながら数年を過ごし、
その醜い争いをしているうちに、
そのカエルも一緒に動けなくなり、
最後には二人とも岩屋から出れなくなってしまった。

というストーリーです。

人は閉ざされた世界の中で常識を作る

山椒魚は岩屋の中で2年過ごしているうちに、
岩屋の入り口よりも体が大きくなってしまい、
出れなくなってしまったために、

「もう外の世界に出れない。」

という絶望から、
閉ざされた岩屋の中の常識に固執しました。

そしてついにはカエルという他人までも
その常識を押し付けて、
二人ともダメになってしまう
という最悪な結末を迎えます。

これは外の世界が見えず、
凝り固まった価値観の中で生きていると
その価値観がその人の常識となりさらに増幅していき、

自分の息苦しさを紛らわすために、
その価値観を人に押し付け、
自分と同じことを体験させることで

「自分だけじゃないんだ。」

と心を落ち着かせる。

倉地加奈子
でもおそらく山椒魚は、どこか間違ったことをしていると自分でもわかっていたと思うんですよね。

でもそれしか自分を落ち着かせる
やり方がわからない。

この物語は

閉ざされたところで
人が生活をすると陥りがちな
人間の切なくも、悲しい行動パターン

を見事に表していると思います。

10ページほどしかない超短編小説ですが、
結構深い内容ですし、だからこそ、
教科書などに採用されるのだと感じました。

岩屋にこもる必要がないのに岩屋を作ってしまうことの恐ろしさ

習い事の教室でもどんなビジネスでも、
実はこの山椒魚と同じような
状況になっている方が多いように思います。

本当は外の世界にはもっと違った常識が
たくさんあるのに、あえて岩屋にこもってしまって
その常識に固執してしまっている。

自分のつくっている岩屋の中での常識を

「これで正しいに違いない。」

と増幅させていく。

外の世界には岩屋内とは全く違った
常識が存在するのにも関わらず。

まあ、偉そうに言っていますが、
事前の私が全くそんな感じだったのでよくわかります。

ただ、一度岩屋を出て、
外の世界を見た瞬間、
自分の中の常識が見事に書き換わります。

不良だった男の子がスポーツに出会い、
覚醒するマンガのストーリーように、
ビジネスの世界でも同じことが起こります。

私たちは山椒魚と違って、
自分から岩屋から出ることができるんですよね。

この「山椒魚」の物語を久しぶりに思い出した時に、
昔の自分の立ち位置と今の自分が全く真逆の世界にいることを
改めて感じましたし、

以前の私自身が、岩屋に引きこもっていた経験をしたきたからこそ
外の世界が全く違った常識に満ち溢れていて、

こんなに生きやすい世界があるということを
一人でも多くの人に伝えたいと思いから
今の仕事をしているんだな
と改めて実感させられました。

まとめ

小学校以来の読書感想文を書いてみましたが、
お付き合い頂きまして有難うございました。

学生時代とはまた違った視点で
本を読めるので面白いですね。

さて、以前、山椒魚のように、
岩屋にこもっていた私が、外の世界に出て、
そこで見えた新たな常識をお伝えしている無料講座です。

よろしければ登録してみて下さい。

「女性らしい自立の扉」

最後までお読み頂き有難うございました。

7日間で流行るための教室運営の極意がわかる無料オンライン講座やってます!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中でメンバーさんたちと作ってきた、流行るための教室運営の極意をオンライン講座で公開しています。まずはセミナー動画を見てみて下さい。

倉地加奈子の無料オンライン講座「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。