習い事の教室の収入を上げる為に行うたったこれだけのこと

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

習い事の教室の収入を上げることは難しいとお思いですか?

難しいと感じていたらそれはどこかに、

収入を上げる = とても難解なもの

という図式が頭にあるからかもしれません。

その図式を頭から取り払い、
講師が本気で収入を上げようと思った時、
そのことは案外すんなりと実現していったりします。

そこで今日は習い事の教室の収入を
上げられない要因となっていることを例にとりながら、

「どうしたら収入を上げていけるか?」

ということについて少しお話ししていこうと思います。

収入を上げるその1、レッスン料金を上げる

習い事の教室で収入を上げるためのポイントその1、
一つ目は、

レッスン料金を上げる

です。

ちょっと待って下さいよ。そんな当たり前のことを聞きたいのではありません。

そんなことを言われてしまいそうですが、
多くの講師の方を見てきて、
私がくっきりはっきり思うことは、
一定量の講師の方が、

レッスン料金なんて簡単に上げられないよ。

と、どこかに思っているフシがあるということです。

固定概念と言いますか、
値段を上げることに対してのメンタルブロックが存在する。

熱血講師Aさん
じゃまじゃまー、そんなものー!!

どこかの熱血教師が叫んでいますよ^^

人間の固定概念って結構大きくて、
自分で難しいと思いこんでいるものって、
やっぱり難しくなってしまうところがあります。

少し面白い話があります。

倉地加奈子
今から冷蔵庫にキリンを入れる手順を3つの作業で終えて下さい。

こんな問いかけをされた時、あなたは
どんな方法でキリンを冷蔵庫に入れますか?

答えを言ってしまうと、三つの手順というのは、

冷蔵庫を開ける

キリンを入れる

冷蔵庫を閉める

です。

“キリンは冷蔵庫よりも大きいもの”

という固定概念が人の思考パターンを持っていると
冷蔵庫にキリンを入れることがものすごく大変な作業に
思われてしまうのですが、
固定概念を取り除ければあら、簡単♪

まずは、

“レッスン料金を上げることは難しい”

という固定概念を取り払うことが結構重要なんですよね。

レッスン料金を上げることに反対してくる人たち

レッスン料金を習い事の講師が上がられない要因に
講師がレッスン料金を上げようとすると
反対してくる人たちの存在があるように思います。

例えばこれからパン教室をスタートする方がいるとして、

頑固一徹さん
パン講師を始めたばかりなんだから
あんまりレッスン料金を高くしない方が良いよ。

頑固一徹さん
高額なレッスン料金を取るなら
たくさんの経験を積まないとダメだね。

こんなことを言われて講師の方が萎縮してしまい、

そうだよね。私の実力なら一回のレッスン料金は3000円くらいかな・・。

みたいに弱気になってしまう講師の方が
結構な数いらっしゃいます。

家族にレッスン料金のことを指摘されるケースも多いです。

ご主人に自分の教室のレッスン料金のことを相談したら、

「君のレッスンで5000円はとりすぎじゃない?」

とか言われてしまい、

じゃあ3000円くらいにしようかな。

と決めてしまう。

倉地加奈子
大きな声で言えないですが、私がパン講師をしていた頃、
一回のレッスンで15000円ほど頂いていました。

倉地加奈子
レッスン料金を上げることに反対してくる人の意見を聞くことなど不要です。

私はパン職人も経験し、さらにパン屋さんを立ち上げ、
パン講師歴も8年、どちらかというとパン講師としては
経験十分な部類に属しますが、
そんな私が声を大にして言いたいのは、

倉地加奈子
経験を積んだからレッスン料金を高く設定できるわけではない。

ということです。

講師初心者でも高額の金額を設定してしまえば
その金額に見合う講師になることはできます。

その金額に講師が見合ってなければ生徒さんが離れる。
離れなかったら・・、

それだけの価値を提供できている証拠ですよね。

収入を上げるその2、レッスン回数を増やす

次に講師の収入を上げる方法として、
レッスン回数を増やすことがあります。

回転率を上げる

わけですね。

ただ私は女性らしい自立を応援する立場として
回転率をどんどん上げていくやり方はあまり推奨していません。

馬車馬労働の行き着く先には、
あまり良いことがないからです。

私自身の経験でも会社員時代、
働きすぎて体を壊しましたし、
女性は体力的に男性よりも低い部分があります。

私のコミュニティのメンバーの方々には、
習い事の教室の開催日を10日以下、
1日の行うレッスンは一回の中で、
いかに収益を最大化するか?
ということを提案しています。

月に10日のレッスンでも、
月商50万とか普通に可能です。

収入を上げるその3、レッスン以外のものを売る

レッスン以外のもの売る?そんなことできるんですか?

とか思われるかもしれませんができます。

このことをするためには、
生徒さんに教室に通う目的を、

“習い事が習える”

から

“講師についていきたいから”

に変える必要があるのですが、
習い事の教室はレッスン以外のものが売れてくると
一気に収益性が上がってきます。

ここで一つ、私のクライアントさんの
先月の売り上げの割合をご紹介します。

T様6月度売り上げ 430,000円
内訳
レッスン料金 283,000円
レッスン以外の売り上げ 147,000円

4割近くをレッスン料金以外の売上で占めています。

習い事の教室はレッスン料金だけが売上になるのでない。

固定概念を外せばこんなことだって可能です。

レッスン以外のものを売るといっても、
パン教室で、小麦粉を売ったり、道具を売ったり
そういう“モノ”を売っているわけではありません。

レッスン以外のものを売る時は、
利益率が高いモノで設定するのがポイントだったりします

収入を上げるその4、講師を育成する

習い事の教室で収入を上げるための方法の最後は、

“講師を育成する”

です。

習い事の教室に来られる方の中には、
自分も教える側に回ってみたい
と思われている方が一定量いらっしゃいます。

その要望に講師が答える商品を用意しておくと
収入は上がります。

もちろん、ただ単純に習い事を教えるわけではなく、
講師になるためのことを教えるわけなので、
難易度は上がるのですが、
これができる講師の方は強いですね。

倉地加奈子
私なんかは今では講師を育成する方に専念しちゃいました♪

収入を上げるポイントは逆算して考える思考

レッスン料金を上げる、レッスン以外のものを売る。

色々と収入を上げる方法はあるのですが、
収入を上げるときには値段から逆算して考えることが重要です。

このサービスで私のレベルを考えるとこの値段かな。

ではなく、

この値段を頂くわけだからサービスはこのくらいになり自分のレベルも上げないとな。

こういった思考パターンをもつことができれば、
教室の収入というのは上がっていきます。

収入が多い方に共通するのは、

“こうあるべき”

という固定概念がないことです。

一回30万円のレッスンをするとしたら?

試しにこんなワークをしてみて、
そこから逆算して生まれてくるものを発見してみても
面白いかもしれませんよ。

まとめ

習い事の教室の収入を上げる方法についてお話ししてみました。

どちらかというと方法というよりは、
マインド面のお話しになってしまいましたが、
参考にして頂ければ幸いです。

月に10万円以上売り上げる講師の方の割合で見ると
ほとんどいらっしゃらないという悲惨な現実を
是非打破してもらいたいと思います。

固定概念を外すことがポイントです。

最後までお読み頂き有難うございました。

P.S.

講師の方のそんな固定概念を外すための講座が、
習い事の講師の大学です。

冷蔵庫にキリンをすっと入れられるようになりたい方は是非^^

切り返しトーク集無料プレゼント中!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中で、生徒さんに言われて答えにくい質問にうまく切り返すトーク集を無料で公開しています。是非この機会にトーク集とトーク力を手に入れてみて下さい。"無料" ですのでお気軽にご登録下さい。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

2 件のコメント

  • 日本のビジネスは「値上げ=悪」に支配されていましたね。価格設定もコスト・プライシングで行なってきたためコスト圧縮に流れ、明日の見えない低価格競争へと走らざるを得ない状況に陥入リました。自分たちの提供するサービスにどんな価値があるのか。本当の意味での「顧客満足度」を考える時がやって来たようです。

  • 本当にそうですよね。お得で素敵なサービスも重要ですが、それなりの値段でハイクオリティのサービスを提供して、高い顧客満足度を得るビジネスをすることがますます求められてくると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    倉地加奈子

    習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。