業務用パン用スライサーの魅力を余すところなくお伝えしたい

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。

パン屋さんをたたんでから
ずーと邪魔になっていたもの、それは、

業務用パン用スライサー

です。

お店を辞める時に業者さんに引き取ってもらうとすると主人が、

主人
何かの役に立つかもしれないから取っておこう。

など言い出し取っておいたもの。

30キロくらいあるし大きいし、
食パン切るなら包丁使うし・・、

ということで納戸にずっとしまってあったのですが、
あまりも場所をとるのでさすがに今回大掃除を機に
廃棄することにしました。

そこで廃棄してしまうなら
どうせならパン用スライサーの魅力を
ブログを読んで頂いている皆様に
存分に味わってもらってからにしようと
スライサーでパンを切ってみましたよ^^

それでは業務用パン用スライサーの魅力、
余すことなくお楽しみ下さい。

食パンを切ることにしか使えないとても便利な道具

まず食パン用スライサーの魅力は
なんといっても、

“食パンを切ることにしか使えない”

ということです。

それなのに、縦横は50cmほどあり、
ボリューム感も十分♪

重さに至っては30キロはあるのではないかという重さ。

とても女性一人の力では持ち上がらないほどの
重量を誇ります。

切る厚さは0.7cmから最大6cm強まで幅広く対応

私の持っている食パンスライサーは
私のパンの師匠から頂いた有難いものですが、
食パンを切る厚さはなんと最小の薄さは、

0.7cm!

まで対応します。

凄いですよね!(なんかジャパネットの人みたいになってきた^^。)

見て下さい。この食パンの薄さ具合。

透き通って見えそうです。

さらにこのスライサー、
薄く切れるだけではありません。

厚くだって切れますよ。

どーんと6cm強。

もはや口に入らないですよね。

実際の食パンカットの様子をムービーで

せっかくなんで食パンスライサーで食パンを
カットしている様子をムービーにしてみましたよ。

包丁でこれほどまでに正確に
しかもギザギザひとつない断面にできますか?

ちなみに動画は6枚切りの厚さで切っています。

パン用スライサーの厚さを変える時は、
このレバーを使用します。

くるくる回すとミリ単位で厚さを調節できますよ。

ここで門外不出、私のパン屋さんで定めていた
食パンを切る時のcm数を公開しちゃいますよ。

耳付きと耳無しでは厚さを調整する必要があります。

耳なしの食パンを切るときには、
0.8cmくらいで耳だけを切った後、
指定枚数の薄さに合わせて切っていきます。

視覚的にも恐ろしい危険を示すシールがチャームポイント

パン用スライサーは円板状の刃を回転させて
食パンを切っていきます。

そのパワーは強力で一つ間違えると大怪我をする原因にも

でも大丈夫。そんなことにならないように
危険を促すシールが恐怖感を演出。

我々をおぞましい事故から防いでくれますよ。

倉地加奈子
これなら安心ですね。

刃は専用の砥石で研ぐことができる

パン屋さんでは1日に大量の食パンを切ります。

ですので使っているうちにどうしても
歯の切れ味が悪くなることがあります。

でも心配はありません。

パン用スライサーには砥石が付いています。

この二つのレバーが砥石。

スライサーを回した状態で、
この二つのレバーを押したり引いたりすれば、

「ガー!」

という鈍い金属がすり減った音とともに
鋭く歯が研ぎ上がります。

砥いだあとの刃はそれはそれは
スッパスパに切れます。

この砥石は減ってきたら取り替えることもできますよ。

刃も長年使うと減っていきますが、
もちろん刃も取り替えが可能です。(以前に使い古した刃↓)

食パンスライサーで切れないもの

食パンスライサーは食パンを切るための機械です。

ただ食パンと言ってもプレーンの食パンしか
切ることができない優れものです。

レーズン入りの食パン、チーズ入りの食パンなど、
具材が入っていると
回転する刃にこびりついてしまい、
大変なことになります。

今回は特別に許可を頂いて^^
チョコ入りのパンを切ってみることにしました。

断面は素晴らしいですよね。

ただし刃にはべっとりとチョコがつき、
辺りにはチョコレートが散在するという
あってはならない結果になってしまいました。

食パンスライサーが切れないものは他にもあります。

それは

“焼きたての食パン”

です。

焼きたての食パンは柔らかすぎるため、
スライサーで切ろうとすると、
断面がボロボロになってしまい、
ある程度冷ましてからでないとスライサーは使えません。

焼きたての食パンをスライサーで切る裏技

ただ焼いたばかりの食パンを
すぐに切りたい時というのがあります。

それはサンドイッチ用で食パンを使いたい時です。

さすがにサンドイッチ用は包丁では切れません。

私のお店では1.4cmの厚さで
サンドイッチ用の食パンをカットしていましたが、
朝来たお客さんにサンドイッチをお出ししたい。

そんな時には焼きたての食パンを30分ほどで
切ることのできる裏技を使用します。

それはパンが焼きあがったら、
サンドイッチ用に切る食パンだけ、
16℃に設定したクーラーの効いた部屋に入れ
一気に冷ましてあげる技です。

さらなる荒技は焼きあがった熱々の食パンを
業務用冷凍庫に入れてしまうと
結構な短時間で食パンがスライサーで切れるようになります。

この方法は私はさすがにしていませんでしたが、
以前働いていたパン屋さんでは
やっていましたね。

たまに取り忘れて
カチンコチンになっていたりしていましたが^^。

最後に

冗談半分で業務用パン用スライサーを紹介してみましたが、
いかがでしたでしょうか?

重くて大きくて家庭用にはとても使えない
スライサーですが、
破棄してしまうとなると寂しいものですね。

本当によく働いてくれた私の良き相棒でした。

かなり限定されますが^^何かの参考にしてもらえれば幸いです。
最後までお読み頂き有り難うございました。

切り返しトーク集無料プレゼント中!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中で、生徒さんに言われて答えにくい質問にうまく切り返すトーク集を無料で公開しています。是非この機会にトーク集とトーク力を手に入れてみて下さい。"無料" ですのでお気軽にご登録下さい。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。