そうめんを3倍美味しくする作り方【汗だくのお客さんを涼しくもてなそう】

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。
倉地加奈子
さて今日は貰い物のそうめんをできるだけ美味しく作るよ。
主人
そうめんなんてただ茹でるだけでしょ?
倉地加奈子
いや、テレビでそうめんを美味しく食べる方法を教えていたので秋が深まる前に貰い物のそうめんで試してみようと思って。
主人
確かに涼しくなってくるとそうめんって食べないよね。
倉地加奈子
普通にそうめんを作るのとどう違うのかを比較していきますよ^^。

とりあえずそうめんを普通に作る

倉地加奈子
さてとりあえず味を比較するために普通に作ったそうめんをパパに食べてもらいます。
主人
あ、僕用は普通の作り方なのね。
倉地加奈子
頂き物のそうめん

倉地加奈子
まずはたっぷりのお湯でそうめんを茹でていきます。

主人
そうめんって時間かからないからいいよねー。
主人
ほらもう茹で上がった。

倉地加奈子
流水で締めてもう出来上がり。

倉地加奈子
ほら食べてみて。

主人
頂きまーす!

ズズーズー

主人
普通にうまいよ。これ結構高級なそうめんなんじゃない?
倉地加奈子
そうかも。頂き物だからね。私も味見させて。
倉地加奈子
あ、美味しいね。
倉地加奈子
では残りはご完食下さい。
主人
ほーい。

そうめんの美味しい作り方を試す

倉地加奈子
さあ次は私用のそうめんを作るよ。
主人
自分用なのね。
倉地加奈子
テレビで紹介していたそうめんの美味しい作り方とこれまでに知った情報を全部使ってみます。

酢を入れた水で茹でる

倉地加奈子
テレビで紹介していたのがこのやり方なんだよね。お水に酢を入れて茹でるとそうめんにコシが出るんだって。
主人
へー、酢を入れるんだ。でなんで酢を入れるとコシが出るの?
倉地加奈子
酢を入れるとそうめんの中のグルテンがしっかりと作られるらしいよ。
主人
ほう。面白いね。
倉地加奈子
酢の割合は1%って言ってたからこんなくらいかな。お鍋に入れてみました。

そうめんをタコ糸で縛って茹でる

倉地加奈子
次にそうめんを端をタコ糸で縛って茹でます。
主人
おー、このやり方は山岡士郎大先生のやり方じゃないですか〜!
倉地加奈子
そうそう。美味しんぼで紹介されていたそうめんを見た目よく、そして箸でつかみやすくするそうめんを茹でるやり方。

倉地加奈子
この状態でそうめんを茹でていきます。
倉地加奈子
主人
茹で上がったよ。
倉地加奈子
そしたらそうめんを流水で冷やしてと。

倉地加奈子
タコ糸部分を持って引き上げると綺麗にまっすぐ揃ったそうめんが。

倉地加奈子
包丁でタコ糸で縛った部分を切ってあげます。

かき氷の上にそうめんを並べる

倉地加奈子
盛り付けも工夫しますよ。かき氷の上に置いてみます。
倉地加奈子
以前の記事でご紹介した我が家の大人のかき氷器を使ってお皿にかき氷を作ります。

以前アメブロに書いた大人のかき氷器のレビュー記事

倉地加奈子
盛り付けて完成〜。

主人
ちょっと待ってよ。僕の時のそうめんと盛り付けの気合の入り方が違うじゃないかい!すだちなんか僕のやつには付いてなかったぞ。
倉地加奈子
そうだったっけ?

実食

倉地加奈子
さて味はどうかな?

倉地加奈子
めっちゃ取りやすい。

主人
そうめんがまとまってるからね。
倉地加奈子
あ、コシがあるかも。さっきよりも歯ごたえがいいね。しかもすごく冷たいからさらに美味しく感じる。
主人
どれどれ僕も味見させてよ。
主人
あ、違うね。コシがある。そうめんがまとまってるから食べやすいね。
倉地加奈子
来客時にそうめんを出す時はこの方法は喜ばれるかもね。美味しくて見た目も涼しげだしちょっとしたご馳走に見えるかも。

まとめ

さていかがでしたでしょうか?

そうめんを美味しくする私が知ってるやり方を
全て詰め込んで作ってみましたが、
確かに味が変わります。

是非そうめんを作る際の参考にしてみて下さいね。

切り返しトーク集無料プレゼント中!

今まで100人以上の習い事の講師の方を指導してきた中で、生徒さんに言われて答えにくい質問にうまく切り返すトーク集を無料で公開しています。是非この機会にトーク集とトーク力を手に入れてみて下さい。"無料" ですのでお気軽にご登録下さい。

倉地加奈子のメールマガジン「女性らしい自立のトビラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

倉地加奈子

習い事心理アドバイザーとして習い事の講師の方を中心にビジネスを教えています。特に営業を長らくしてきた経験からセールス力が女性相手のビジネスをする上でいかに大事かということをお伝えしています。女性らしい自立を目指したい方を本気で応援したくて。ブログを楽しんでいって下さいね♪ 特技:クライアントさんの教室の高収益化。