ダウンロードはこちら

パターン11の解説をしていきます。

レッスンの値上げを告知する際に
鋭いことを生徒さんから言われた時の
切り返しトークですね。

この状況では、ただ切り返しトークを持っているだけでは
生徒さんに納得してもらうのは難しいかもしれません。

値段が上がっても納得出来るようなレッスンを提供している、
そしてしっかりと価値を生徒さんに
感じてもらっていることが前提になりますが、

ちゃんとできているのに
値上げ時のトークがまずいばかりに
生徒さんが離れてしまっているケースがあるので、
しっかりと切り返すトークを持っておきたいところですね。

PDF内でも説明させてもらっていますが、
レッスン料金は、

講師と生徒さん双方の本気度
*****************

と講師が認識しておく必要がまずあります。

そしてもう一つ、講師が認識しておくべきことがあります。
それは、

“レッスン料金はしっかりと生徒さんの心理を
把握できていれば際限なく上げていくことができる
ということです”

ちなみに私のコンサルフィーも現在はかなり高額ですが、
最初から今のような金額にしていたわけではありません。

私とクライアントさんとのお互いの本気度が
上がっていくにつれコンサルフィーは
どんどん上がっていきましたが、
クライアントさんは減るどころか
どんどん増えていっています。

結構、この概念を講師が持つことが難しいんですよね。

値段はどんどん上げていっても良い
************************

という感覚。

「値段を上げていけばいくほど
生徒さんがいなくなるんじゃないか?」

値段を上げることに後ろめたさが講師の中にあると
値上げ時に生徒さには、

自信の無さ
********

として伝わります。

そしてその自信の無さが、
どこか生徒さんには不誠実に映り
結果、人が去ってしまう。

こんなことが起きています。

・レッスン料金は講師と生徒さんの間の本気度

・レッスン料金は際限なく上げられること

この二つのことをお腹に落とし、
値上げの際にブランドを壊さないような
切り返しができるようにしてみて下さいね。